MENU

買取・作品一覧

大山忠作 オオヤマ チュウサク

大山忠作の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、大山忠作の作品を高く評価し、買取しております。
もし大山忠作の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。大山忠作の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

大山忠作

大山 忠作(おおやま ちゅうさく、1922年5月5日 - 2009年2月19日)は、日本画家。日展会長。福島県二本松市出身。妻和子。長男は日本テレビフットボールクラブ(東京ヴェルディ)役員の大山昌作、娘は女優の一色彩子。

1922 福島県二本松に生まれる。家業は紺屋で父も趣味で日本画を描いていた
1937 小学校卒業後上京、名教中学2年に編入
1940 東京美術学校日本画家に入学
1946 復員、第2回日展に「O先生」が初入選
1947 山口蓬春に師事
1952 第8回日展で「池畔に立つ」が特選・白寿賞・朝倉賞受賞
1955 第11回日展で「海浜」が特選・白寿賞受賞
1968 第11回新日展で「岡潔先生像」が文部大臣賞受賞
1973 「五百羅漢」により日本芸術院賞受賞
1986 日本芸術院会員となる
1991 日展事務局長を務める。その後、1992~1995年まで日展理事長を努める
1999 文化功労賞受賞

大山忠作の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!