MENU

買取・作品一覧

ロン・ウッド Ron Wood

ロン・ウッドの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、ロン・ウッドの作品を高く評価し、買取しております。
もしロン・ウッドの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。ロン・ウッドの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

ロン・ウッド

イギリスのミュージシャン。フェイセズ、ローリング・ストーンズのギタリストとしてよく知られる。ロニー・ウッド名義でも活動している。身長171cm。ロックミュージシャン、グラフィック・アーティストだったアート・ウッドは実兄。

ミュージシャンとしてのキャリアは1964年、西ロンドンのイーズリーを拠点としたザ・バーズ(the Birds)からスタートした。60年代後半にはザ・クリエイションに参加。その後、ベーシストとしてジェフ・ベック・グループにロッド・スチュワートと共に参加するが、ウッドとスチュワートは『ベック・オラ』(1969年)発表後、同グループから離脱した。

ウッドとスチュワートは、スティーヴ・マリオットが脱退した直後のスモール・フェイセスに参加。バンドは間もなくその名をフェイセズと変える。フェイセズはアメリカに於いては、ロッド・スチュワートのバック・バンドとしてしか認識されなかったが、イギリスではローリング・ストーンズに匹敵する人気を得るようになった。

また、1974年には初のソロ・アルバム『俺と仲間』を発表している。フェイセズのライヴは高い評価を得るが、1975年に解散した。

ローリング・ストーンズからミック・テイラーが脱退(1974年)した後、ストーンズのアルバム『ブラック・アンド・ブルー』(1976年)のレコーディングにジェフ・ベックの推薦で参加。75年の1月から2月にかけて行われたこのレコーディングは、テイラーの後任ギタリストを捜すためのオーディションでもあり、「グレート・ギタリスト・ハント」と呼ばれた。

ウッドの後談によると、候補にハーヴィー・マンデルがおり、ロリー・ギャラガーもセッションに参加していた。最終的にウッドは、1975年4月にストーンズのアメリカ・ツアーのサポート・ギタリストとして発表される。

同年7月には、ボビー・ウーマックとイアン・マクレガンを共同プロデューサーに迎えた2作目のソロ・アルバム『ナウ・ルック』を発表。当時はまだフェイセズのメンバーであったが、フェイセズ解散後の1976年2月にストーンズにメンバーとして加入した(契約書上の正式メンバーになったのは1993年からであり、それまでは給料制の契約であった) 。

ロン・ウッドの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!