MENU

買取・作品一覧

サム・フランシス Sam Francis

サム・フランシスの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、サム・フランシスの作品を高く評価し、買取しております。
もしサム・フランシスの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。サム・フランシスの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

サム・フランシス

20世紀のアメリカの画家。1923年、カリフォルニア州に生まれる。第二次大戦中、飛行訓練中の事故によって入院していた時に絵を描きはじめた。アンフォルメルや抽象表現主義の流れを汲む色彩画家である。フランシスは1957年、世界旅行中に初めて日本を訪れる。これ以後の彼の作品の、余白を生かした画面構成、「にじみ」の効果を生かした表現方法などには、日本美術の影響が見られる。以後、ニューヨーク、パリのほか、東京にもアトリエを持ち、しばしば来日、勅使河原蒼風、大江健三郎、大岡信、小山富士夫ら、日本の文化人とも交流があった。また、出光興産社主であり、東洋古美術のコレクターとして知られた出光佐三は、フランシスのコレクターとしても知られ、現在も東京の出光美術館には多くの作品が収蔵される。

1923 カリフォルニア州サンマテオに生まれる
1944 ダンバーの陸軍病院入院中に絵を描き始める
1948 大学に復学。美術を学ぶ
1950 パリに渡る
1952「アンフォルメルの意味するもの」展に出品
1957 日本に滞在
1962 第3回東京国際版画ビエンナーレ展で受賞
1964 カッセルでのドクメンタに出品
1967 ヒューストン美術館で回顧展開催
1978 ポンピドゥーセンターで「サムフランシス近作の絵画1976/1978」展開催
1979 ボストン現代美術館で水彩画の回顧展開催
1994 がんによる合併症のため逝去

サム・フランシスの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!