MENU

買取・作品一覧

即中斎 ソクチュウサイ

即中斎の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、即中斎の作品を高く評価し、買取しております。
もし即中斎の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。即中斎の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 即中斎

即中斎は、明治・⼤正・昭和をまたにかけて茶道の普及に努めた12 世惺斎(さいせい)の次男として⽣まれた。慶應義塾⼤学⽂学部、及び京都⼤学史学部選科を卒業し、兄に続いて⽗を亡くしたことから、1937年に家元を継ぎ、表千家13 世家元となる。

第⼆次世界⼤戦に前後して、⽇本全国に⽀部を構える⼀般社団法⼈表千家同⾨会を設⽴。表千家同⾨会は海外(ハワイ、ロサンゼルス、サンフランシスコ)にも⽀部を設け、⽇本のみならず海外での茶道普及にも貢献した。

また、表千家に関わる⾏事全般をとり⾏う家元の機構、⼀般財団法⼈不審菴の成⽴に深く関わる。不審菴の⽬的は、家元の茶室や露地(庭)だけでなく、利休以来の伝来道具や古⽂書を保存し、利休茶道を継承し、⽇本⽂化に貢献することを⽬的としている。ほかにも、「即中茶記」「表千家」「元伯宗旦⽂書」「千⾥・同⾵」などの著書も出版するなど、多彩な才能を⾒せている。

1901年 京都府で、表千家12 世惺斎の次男として⽣まれる
1936年 兄・不⾔斎逝去
1937年 表千家12 世惺斎逝去。表千家13 世家元を継承
1940年 利休350 年忌の法要と茶事を開催
1942年 表千家同⾨会を発⾜し、茶道の全国普及と組織化に尽⼒
1965年 著書「表千家」を刊⾏
1979年 逝去

即中斎のニーズと作品価値

即中斎は、千利休を祖とする茶道の流派「表千家」の13 世家元です。表千家12 世惺斎(さいせい)の次男として⽣まれます。1936 年に兄・不⾔斎が急逝、さらに翌年に⽗・惺斎が死去したため、1937 年に若くして家元を継ぎました。

戦時体制下、戦後の混乱期にありながら、茶道の普及に努めるべく、千家同⾨会を発⾜するなど意欲的に活動しています。茶杓、または掛け軸などの形で残されている書は⼈気が⾼く、⾼額買取の対象となっています。

即中斎の代表作

即中斎の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!