MENU

買取・作品一覧

高田博厚 タカタ ヒロアツ

高田博厚の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、高田博厚の作品を探しています。
もし高田博厚の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。高田博厚の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

高田博厚

少年時代から文学・哲学・芸術に目覚め、18歳で上京し、高村光太郎の勧めで彫刻や翻訳に従事する。31歳でフランスにわたり、ロマン・ロラン(作家)やアラン(哲学者)、ポール・シニャック(画家)、ジョルジュ・ルオー(画家)をはじめとするヨーロッパの優れた知識階層と交流する。昭和の日本の知識人としては特異なあり方を示し、フランスに関する翻訳や著作は多数、芸術分野では肖像彫刻作品を多く手がけた。熱心なクリスチャンであった母親の影響を受けて『神』について考え続ける一生を送った氏にとって、思索は神に到達する経路であり、彫刻による自我との対話を通じて奥底に潜む神に至るものであったとも考えられる。同時に、その領域に至った日本人彫刻家は高田博厚が唯一の人物だとも評されている程だった。

1900年8月19日、石川県鹿島郡矢田郷村(現七尾市岩屋町)に生まれる。
1913年(大正2年)、県立福井中学校(現福井県立藤島高等学校)に入学。
県からの視察がある折には、国語、漢文、英語など必ず博厚を指名し立たせて朗読させたというエピソードが残るほど優秀な学生であったという。一方で、二年次ころから教科の勉強をしなくなり、文学、哲学、美術に傾倒し始める。原文でシェークスピアを読み、英訳本でゲーテ、トルストイ、ドストエフスキーを読みこなした。
東京美術学校(現東京藝術大学)を受験するも不合格となり浪人となったものの、初めて描いたという自画像を持って高村光太郎を訪ね、高村光太郎とは生涯に渡って交友関係を保つことになる。
1931年には単身パリへ渡り、以降27年近くパリに滞在する。

主な作品展示場

福井市美術館
安曇野市豊科近代美術館
東松山市高坂彫刻プロムナード
みしまプラザホテル

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!