MENU

買取・作品一覧

トーマス・ルフ Thomas Ruffの美術品買取情報

トーマス・ルフの買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、トーマス・ルフの作品を探しています。
もしトーマス・ルフの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。トーマス・ルフの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

トーマス・ルフ

トーマス・ルフは6人兄弟のうちの一人として、1958年にドイツのツェル・アム・ハルマースバッハで生まれる。1974年の夏、ルフは初めてのカメラを手に入れ、写真基礎学校の夜間コースで学んだ後、アマチュア写真雑誌に掲載された多くの写真と同じような写真を撮影し、彼なりの写真による実験を開始する。

1977年から1985年の間、デュッセルドルフ美術アカデミーの写真学科にてベルント&ヒラ・ベッヒャーの元で写真を学ぶ。そこでウォーカー・エヴァンス、ウジェーヌ・アッジェ、カール・ブロスフェルト、ステファン・ショア、ウィリアム・エグルストンらの写真を知り、多大な影響を受ける。

またベンジャミン・ブクローの講義に触発される中で、独自のコンセプチュアルな写真スタイルを築いていった。 ベッヒャー夫妻の元ではアンドレアス・グルスキーやカンディダ・ヘーファー、トーマス・ストゥルースらと共に写真を学んでおり、彼らは後にベッヒャー・シューラー(ベッヒャーの教え子)と呼ばれ、ドイツの現代写真芸術において重要な一翼を担うこととなる。また2000年から2006年までの間、ベッヒャー夫妻に代わってデュッセルドルフ美術アカデミー写真学科の教授を務めた。

1958 ドイツにて生まれる
1977 デュセルドルフ美術アカデミーで写真を学ぶ
1982 世界中の美術館やギャラリーで80回以上の個展を開催
2000 母校デュセルドルフ美術アカデミーで教授になる

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!