MENU

買取・作品一覧

徳田八十吉 トクダ ヤソキチ

徳田八十吉の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、徳田八十吉の作品を高く評価し、買取しております。
もし徳田八十吉の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。徳田八十吉の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

徳田八十吉

徳田 八十吉(とくだ やそきち)は九谷焼の陶工の名前である。初代徳田八十吉(1873年11月20日 - 1956年2月20日)は、吉田屋窯風の作風を得意とした。号は鬼仏。指導者として浅蔵五十吉、二代目、三代目徳田八十吉等を育てる。

二代目徳田八十吉(1907年11月1日 - 1997年9月8日)は、1923年に初代の養子となり師事する。1956年、二代目徳田八十吉を襲名。九谷焼の近代化を推進した。1988年、八十吉の名を長男に譲り百々吉を名乗る。初期の号は魁星。

三代目徳田八十吉(1933年9月14日 - 2009年8月26日)は、金沢美術工芸大学短期大学工芸科陶磁専攻中退。初代、二代目等に師事。1988年に三代目を襲名。1991年には第11回日本陶芸展で、大賞・秩父宮賜杯を受賞した。1997年6月6日、重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者(人間国宝)に認定される。釉薬で色彩を調整した鮮やかな群青色に強い個性がある。海外にも多くの作品を発表して高い評価を得た。また、古九谷の学術研究にも尽力した。初名は正彦。

当代 四代目徳田八十吉 (1961年 - )は青山学院女子短期大学卒業。三代目徳田八十吉の長女。三代目の死去を受けて翌2010年襲名。初名は順子。

1933年 石川県に生まれる。金沢美術工芸大学中退後、初代祖父・父二代に師事
1971年 「彩釉鉢」優秀賞 NHK会長賞受賞
1977年 「耀彩鉢」最優秀賞日本工芸会総裁賞受賞
1978年 日本伝統工芸展特待・鑑査員に推挙
1986年 エジプト・カイロにて個展、以降海外展18回
1988年 三代八十吉を襲名
1990年 国際陶芸展グランプリ受賞
1991年 「創生」グランプリ秩父宮賜杯受賞 外務大臣表彰
1993年 紫綬褒章授章
1997年 重要無形文化財採釉磁器保持者(人間国宝)に認定
1998年 「耀彩線文壷」メトロポリタン美術館所蔵
2000年 ローマ・日本文化会館にて個展開催
2002年 7回にわたる「石川・文化の翼」韓国展にて終了
2003年 東京・小松にて古希記念耀彩展開催。九谷満月主催「徳田八十吉古希展」開催
2005年 大英博物館ジャパンギャラリー入口に「耀彩壷・恒河」が展示される
2007年 文化庁主催「日本のやきもの展」
2009年 各地で喜寿記念個展開催。8月26日逝去。従五位に叙位される

徳田八十吉の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

徳田八十吉の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!