MENU

買取・作品一覧

富永直樹 トミナガ ナオキ

富永直樹の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、富永直樹の作品を高く評価し、買取しております。
もし富永直樹の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。富永直樹の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

富永直樹

東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科塑像部首席卒業。同研究科卒業。1974年(昭和49年)日本芸術院会員に任命。1984年(昭和59年)に文化功労者、勲三等瑞宝章受章。1989年(平成元年)に文化勲章受章。1990年(平成2年)長崎名誉県民顕彰。日展理事、理事長を歴任。その後、日展顧問となる。1997年、新宿区名誉区民。

代表作品として文部大臣賞を受賞した「平和の叫び」(1968年)、「トーマス・ブレーク・グラバー之像」(1961年)などがある。また現在トッパン・フォームズ株式会社のエントランスには「青春の賛歌」が置かれている。 また、インダストリアルデザインの祖としても活躍し、黒電話4号機の意匠を手がけたほか、日本初のカラー電話、家具調テレビなどのデザインも行った。

1913 長崎県長崎市に生まれる。本名・富永良雄
1938 東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科塑造部、首席卒業
1968 日展にて「平和の叫び」を出品。文部大臣賞を受賞
1972 日展にて「新風」により日本芸術院賞を受賞
1974 日本芸術院会員に任命
1979 日展理事長に就任
1981 紺綬褒章を受章
1983 勲三等瑞宝章を受章
1984 文化功労者顕彰
1986 日本彫刻会理事長に就任
1989 文化勲章を受章
1995 日展顧問に就任
1997 東京都新宿区名誉区民第一号の称号を授与
1998 長崎市に「原爆中心碑」建立
2006 4月11日逝去。享年93歳

富永直樹の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!