MENU

買取・作品一覧

土屋礼一 ツチヤ レイイチの美術品買取情報

土屋礼一の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、土屋礼一の作品を探しています。
もし土屋礼一の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。土屋礼一の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

土屋礼一

岐阜県養老町出身。岐阜県立大垣南高等学校、武蔵野美術大学卒業後、加藤東一に師事。日展の常連受賞者となる。日展理事、武蔵野美術大学客員教授、金沢美術工芸大学教授。現代日本を代表する日本画家の一人であり、代表作『赤い沼』は文化庁に買い取りを受けている。
2007年に「軍鶏」で日本芸術院賞受賞。2009年、日本芸術院会員。
2011年、隅田川花火大会花火コンクールの審査委員長を歴任。

1946 岐阜県養老町に生まれる 武蔵野美術大学卒業、加藤東一に師事
1971 第6回日春展で「女」が日春賞を受賞
1979 初めて日展審査員を務める
1980 日展会員となる
1985 第17回日展に審査員として「隠岐」を出品 日展会員賞受賞
1988 日展評議員となる
1990 武蔵野美術大学非常勤講師となる  第3回MOA岡田茂吉賞優秀賞を受賞
1995 作品「赤い沼」が文化庁買い上げとなる
1996 金沢美術工芸大学の教授となる
1998 瑞龍寺本堂障壁画を完成

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!