MENU

買取・作品一覧

ヴァシリー・カンディンスキー Wassily Kandinsky

ヴァシリー・カンディンスキーの買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、ヴァシリー・カンディンスキーの作品を探しています。
もしヴァシリー・カンディンスキーの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。ヴァシリー・カンディンスキーの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

ヴァシリー・カンディンスキー

彼はモスクワに生まれ子供時代をオデッサで過ごした。1886年から1892年まで、モスクワ大学で法律と政治経済を学ぶ。1896年にミュンヘンで絵の勉強を始め、象徴主義の大家フランツ・フォン・シュトゥックに師事する。1902年、ベルリンの分離派展に出品。1904年からはパリのサロン・ドートンヌにも出品している。1909年には新ミュンヘン美術家協会会長となるが、1911年にはフランツ・マルクとともに脱退して「青騎士」(デア・ブラウエ・ライター)を結成した。その間の1910年に最初の抽象画を手掛け、絵画表現の歴史の新たな一歩を記している。代表作の『コンポジション』シリーズはこの最初のドイツ滞在期に制作された。

革命後、1918年にモスクワに戻った。当時のソ連では前衛芸術はウラジミール・レーニンによって「革命的」として認められており、カンディンスキーは政治委員などを務めた。しかし、ヨシフ・スターリンが台頭するにつれ前衛芸術が軽視されるようになり、スターリンが共産党書記長に就く直前の1921年に再びモスクワを離れてドイツへと向かった。1922年からはバウハウスで教官を務め、1933年にナチス・ドイツによってバウハウス自体が閉鎖されるまで勤務した。1941年にフランスがナチスによって占領されたのにも関わらず、彼はアメリカへの移住を拒否し続け、パリ郊外に位置するヌイイ=シュル=セーヌでその生涯を閉じた。なお、1928年にはドイツ国籍、1939年にはフランス国籍を取得している。

1866 モスクワに生まれる
1886 モスクワ大学にて国民経済学と法律学を専攻
1896 ドイツ・ミュンヘンに移住
1901 芸術家グループ「ファランクス」創設
1909 「ミュンヘン新美術家協会」創設。会長に就任
1911 フランク・マルクと「青騎士編集部」を創設。翌年、年刊誌「青騎士」を発行
1918 教育人民委員会(NARKOMPROS)国立高等芸術・工芸院の教授に就任
1919 モスクワで絵画文化博物館を創設
1920 芸術家文化研究所を共同創設。モスクワ大学で芸術学の教授に就任
1922 バウハウスでの教授職を引き受けるためドイツ・ワイマールに移住
1924 クレー、ファイニンガー、ヤウレンスキーとグループ「青の人」を結成
1928 ドイツ国籍を取得
1944 パリで逝去。78歳

ヴァシリー・カンディンスキーの買取作品例

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!