MENU

買取・作品一覧

わたせせいぞう ワタセ セイゾウ

わたせせいぞうの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、わたせせいぞうの作品を高く評価し、買取しております。
もしわたせせいぞうの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。わたせせいぞうの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

わたせせいぞう

わたせの作品の特徴はグラフィックデザイン風のレイアウトや色彩感覚を用いたカラー原稿は透明感に溢れ、新鮮でおしゃれな作風として「純愛」や「カラー」(カラースクリーントーンを使用)「1話あたり4ページ」「B5サイズの大判、豪華本の装丁」という基本フォーマットをほぼ全ての作品で踏襲しているところにある。それまで『モーニング』にいないタイプの漫画家だった。

イラスト集を除くと、例外としてはエッセー+イラスト集として刊行された『〜Reasonたち』(全3巻)と、モノクロをコンセプトとして刊行された『東京エデン』(全2巻)くらいである。また、わたせの代表作であり出世作の『ハートカクテル』は松岡直也を始めとするジャズ、フュージョン系のミュージシャンとのコラボレートによる短編アニメーション化がなされ、日本テレビ系でテレビ放映された。近年ではその映像美を生かした「日本の美」を追求する作品が増えてきていて、初期作品はつげ義春の影響が見られる(BSマンガ夜話でのいしかわじゅんの指摘)。

『季節ぴあ』など、各種雑誌や実用書などの表紙のイラストレーション等も手がけている。『ハートカクテル』以降、カラー作品を手がけるようになったのは『おとこの詩』からの担当編集が作風にカラー処理が合うと判断したからであるらしく、わたせ本人もかなり乗り気であったことに始まる。『モーニング』ではわたせのマンガ賞も存在しており、主に講談社で活躍する。

1945年 兵庫県神戸市に生まれる
1974年 第13回小学館ビッグコミック賞を受賞
1983年 代表作の『ハートカクテル』を『モーニング』(講談社)誌上で連載
1987年 『私立探偵フィリップ』で第33回文藝春秋漫画賞を受賞

わたせせいぞうの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!