MENU

買取・作品一覧

山口長男 ヤマグチ タケオ

山口長男の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、山口長男の作品を高く評価し、買取しております。
もし山口長男の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。山口長男の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 山口長男

日本の抽象絵画の先駆者。京城府(現・韓国ソウル)出身。本郷洋画研究所で岡田三郎助に学び、20歳になった1922年、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学。1927年、同校卒業と共に渡仏。フランスではパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、それに当時渡仏中だった佐伯祐三にも刺激を受ける。また、彫刻家のオシップ・ザッキンのアトリエにも出入りし、立体的な造形をも習得に努めた。戦後、二科展の再結成にあたり会員として参加し、1962年まで二科展出品を続ける。1946年に京城を引き上げて上京。

1953年、日本アブストラクト・アート・クラブの創立に参加し、1954年に会員としてニューヨークでのアメリカ抽象美術展に出品。1955年に第3回サンパウロ・ビエンナーレ、1956年に第28回ヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表として出品、その後、グッゲンハイム賞美術展、チューリッヒ市立美術館の「現代日本の絵画展」など、国外での出品も広がる。1961年、芸術選奨文部大臣賞を受賞。1982年、三雲祥之助の後任として、3代目の武蔵野美術学園学園長に就任。典型的な作品は、黒系の地に黄土色または赤茶色系の大きな色面を配したもので、いわゆる「ハード・エッジ」の抽象絵画とは違った、温かみを感じる。

1902 韓国に生まれる
1927 東京芸術大学を卒業,フランスに留学
1931 韓国京城に戻る
1954 武蔵野美術大学西洋画実習教授になる
1955 サンバウロ・ビエンナーレ展に出品
1956 ヴェネチィア・ビエンナーレ展に出品
1962 芸術選奨文部大臣賞受賞
1983 死去

山口長男のニーズと作品価値

山口長男の作品価値は上昇しております。これは買い手市場が活発な事がその背景にあります。故に山口長男の作品は買取側にとっても高い価値(高価査定)を付けやすい作品が多いです。 そのような事を踏まえまして当社は山口長男の強化買取を実施しております。 山口長男の作品をお持ちで売却をお考えのお客様は、是非ともアート買取協会までお気軽に御相談ください。

鑑定機関・鑑定人:山口長男作品登録会(シンワアートオークション)

山口長男の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

山口長男の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!