MENU

作家・作品紹介

バカラ 250年以上の歴史が積み上げた価値

バカラ 250年以上の歴史が積み上げた価値バカラ 250年以上の歴史が積み上げた価値

“バカラ”…?

“バカラ”と言うワードを聞いた時、カジノのカードゲームの名称を連想する人、フランスのクリスタルガラスのメーカーの名前を連想する人、それぞれいると思います。実は私は趣味でマジックをしており、この会社に入社したときに、まっさきにカジノのゲームを想像し、ふと疑問に思い調べてみました。
カジノゲームのバカラの名前の由来はイタリア語のゼロを意味します。これに対してフランスのグラスのバカラは創業地の村名バカラ村に由来していると言われています。
英語表記ではどちらも『Baccarat』。でも名前の由来や発祥の地が異なり、双方に関係はないことがわかりました。


バカラ 250年以上の歴史が積み上げた価値

バカラの始まり

クリスタルガラスのバカラは1764年フランスのロレーヌ地方にあるバカラ村で誕生しました。
当時のフランスは、戦争の影響によって経済状況が悪化していました。ロレーヌ地方の当主は、その状態を打開するためにガラス産業への参入を考案。国王であるルイ15世によってガラス工場の設立は認可され、バカラ村にガラス工場が作られました。
1816年に初めてクリスタルグラスが製造され、1825年にはアルクール侯爵の注文により「アルクール」シリーズの原型が登場。それを皮切りに、現代でも愛される様々なシリーズが生まれています。
現在、美術品としてはシャンデリアなどが特に高く評価されておりますが、花瓶やグラスなども美術品として評価されており未だ人気が高いブランドです。


バカラ 250年以上の歴史が積み上げた価値

バカラが世界で愛される理由

その1「フルレッドクリスタル」
ガラス業界の中でガラスのランク付けがあります。
その最高品質である「フルレッドクリスタル(“酸化鉛を多く含み密度が高いもの)」の製造技術をもつガラスメーカーは世界に少なく、バカラは優れた職人に与えられる章“Meilleur Ouvrier de France 通称M.O.F.(国家最優秀職人章)”を50人以上輩出しています。

その2「高い品質基準」
そのようにレベルの高い職人であっても、全ての製品を100%完璧に仕上げることは難しいと言われているのがバカラ。高い品質基準をクリアできずに、不適合品として破棄される製品が3〜4割もあるのだそうです。厳しいチェックを通った製品のみが流通しているバカラにおいて、アウトレット品や2級品はありえないのです。


バカラ 250年以上の歴史が積み上げた価値

王侯貴族に愛用されるバカラ

そんなバカラは世界中の王室・皇室でも愛用されています。
バカラの本拠地であるフランスの王室はもちろん、イギリス王室やロシア皇室、タイ王室、モロッコ王室、そして日本の皇室もバカラを注文しています。1921年には、当時皇太子であった昭和天皇が、パリのバカラショップを訪れた記録も残っているそうです。

ガラス界の最高峰のバカラですが、実は百貨店などにアンテナショップが入っており、実際手にとって見ることができます。
また東京にはバカラで食事やお酒が飲めるお店もあります。皆様もぜひ身近にバカラを感じてみてはいかがでしょうか。

作家・作品紹介一覧をみる

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

アート買取協会で
買取できる美術品

日本画、洋画、現代アートなどの絵画買取から掛軸、陶磁器などの骨董・古美術の買取まで幅広い美術品ジャンルを取り扱っております。
一覧にない美術品も取扱いがございますので、まずはお気軽にご相談ください。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!