MENU

買取・作品一覧

江稼圃 コウカホの美術品買取情報

江稼圃の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、江稼圃の作品を探しています。
もし江稼圃の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。江稼圃の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

江稼圃

江稼圃(生没年不詳)は江戸時代後期の長崎に来舶した清人画家である。日本に文人画の画法を伝えた、来舶四大家の一人。 名は泰交、字は大来・連山。稼圃は号。杭州府臨安県の人。 幼い頃より絵を好み張宗蒼に師事、また李良にも学んだという。

文化元年(1804年)に商船の財副として初来日する。以降、数回の来舶記録があり、滞在中は、大田南畝・吉村迂斎・田能村竹田と親しく交友を深めた。その他にも菅井梅関・鉄翁祖門・木下逸雲らが画法を学んだ。黄公望風の山水画を得意とし江戸末期の文人画の発展に大きく影響した。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!