MENU

買取・作品一覧

独立性易 ドクリュウ ショウエキの美術品買取情報

独立性易の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、独立性易の作品を探しています。
もし独立性易の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。独立性易の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

独立性易

万暦24年2月19日(1596年3月17日)、浙江省杭州府仁和県に生まれる。臨済宗黄檗派の禅僧。承応2年(1653)長崎に来航。翌年来日した隠元隆琦の弟子となり、師の布教をたすける。医術に長け、日本に書法や水墨画、篆刻を伝えた。俗名は戴笠。別号に曼公。寛文12年11月6日(1672年12月24日)没。
その書の識見は高く中国伝統の本流の書を日本に示し、のちの唐様流行の基となった。また禅僧でありながら文人気質に富み、日本文人画の先駆けとなる水墨画を残している。同じく帰化僧の化林性偀とともに長崎桑門の巨擘と称賛される。篆刻においても日本篆刻の祖として称揚される。

独立性易の買取作品例

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!