MENU

買取・作品一覧

有島生馬 アリシマ イクマ

有島生馬の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、有島生馬の作品を探しています。
もし有島生馬の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。有島生馬の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

有島生馬

神奈川県横浜市出身の画家。有島武郎の弟、里見弴の兄。 号は雨東生、十月亭。妻の信子は原田熊雄の妹。甥には武郎の実子である俳優の森雅之がおり、1923年(大正12年)に武郎が心中した後は彼の親代わりとなって育てた。志賀直哉や児島喜久雄とは少年時代からの友人で、『白樺』創刊に参加し、代表作『蝙蝠の如く』を書いた。長くヨーロッパに留学したが、その際、有島家の女中の恋人を志賀らに託し、帰国後、彼女と結婚の意志がないことを示したため、志賀との間に疎隔が生まれ、敗戦後、志賀は『蝕まれた友情』(1946年(昭和24年))を書いて絶交。一人娘の有島暁子は呉茂一と離婚後、カトリックの道を歩んだ。

1910年(明治43年) 帰国(2月)、白樺同人となる。
1911年(明治44年) 文展に入選。
1914年(大正3年) 二科会結成(創立会員)
1935年(昭和10年) 帝国美術院会員となる。
1936年(昭和11年) 安井曽太郎らとともに一水会設立に参画。
1937年(昭和12年) 帝国芸術院会員となる。
1958年(昭和33年) 日本美術展覧会(日展)常務理事に就任。
1964年(昭和39年) 文化功労者となる。
1974年(昭和49年) 91歳で死去。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!