MENU

買取・作品一覧

クリスチャン・リース・ラッセン Christian Riese Lassen

クリスチャン・リース・ラッセンの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、クリスチャン・リース・ラッセンの作品を高く評価し、買取しております。
もしクリスチャン・リース・ラッセンの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。クリスチャン・リース・ラッセンの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

クリスチャン・リース・ラッセン

カリフォルニア州メンドシノ郡で生まれ、10歳の時に家族と共にハワイ州マウイ島に移住した。幼少の頃から絵を描くことに興味を持った。高校時代は美術系の学科を専攻し、独自のスタイルと画法を開発していった。1976年から、画家として作品を発表し始め、マリンアート画家としての地位を確立する一方、プロサーファー、プロウインドサーファーとしても活躍する。1980年代初頭に、絵画技法のグレージングを用いて、ハワイの自然風景(イルカ・夕景・海岸など)を描いた絵画で注目された。画家としての活動のほかに、地球温暖化会議への協力や、様々な環境保護活動に貢献している。

1956 カリフォルニア州メンドシノの浜辺の町で生まれる。
1966 家族とハワイに移住し、オアフ、マウイ、ハワイ島を転々とした後、一家はマウイに定住
1989 ホノルルマラソンの公式アーティストに選出
1990 環境保護団体「シービジョン財団」設立
1992 「サンクチュアリ」を制作、国連記念切手の図案に採用される
1996 ユニバーサル映画フリッパーのポスターを制作
1998 NGO組織フレンド・オブ・ユナイテッドネーションの親善大使に任命

クリスチャン・リース・ラッセンの代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

クリスチャン・リース・ラッセンの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!