MENU

買取・作品一覧

胡蘭成 コ ランセイ

胡蘭成の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、胡蘭成の作品を高く評価し、買取しております。
もし胡蘭成の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。胡蘭成の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

胡蘭成

『中国のこころ』(明徳出版社、1956年)
『今世今生』(ジャーナル社、1958年)
『建国新書』(中日新聞社東京本社東京新聞出版局、1968年)
『日本及び日本人に寄せる』(日月書房、1979年1月)
『禅是一枝花』(三三出版社(台湾)、1979年)
『天と人との際』(花曜社、1980年)
『新学社近代浪漫派文庫/岡潔・胡蘭成』(岡潔・胡蘭成、新学社、2004年11月)

浙江省に生まれる。燕京大学を国民革命軍の北伐中に中退後、やがて政治に関わり、汪兆銘政府法制局長官に就くも、汪と意見の対立あって辞職。ジャーナリストとして漢口大楚報社長をつとめた。中国の著名な小説家、張愛玲と1944年に結婚するも1947年に離婚し、1950年に日本に政治亡命。

上海黒社会の大物呉四宝の未亡人であった佘愛珍と再婚した。1974年、台湾の中国文化学院(現在の中国文化大学)で教えて台湾の文壇にも影響を与え、同大学から永世教授の称号を受けたが、1976年に台湾からも追われる。日本では筑波山に居を構え、数学者の岡潔や物理学者の湯川秀樹、日本浪曼派の保田與重郎、川端康成等々と親交を結んだとされる。

1981年、東京で永眠。張愛玲は、小説「色、戒」(映画『ラスト、コーション』の原作)に登場するスパイ機関幹部の易という人物(モデルは丁黙邨とされる)に、かつての夫である胡蘭成を重ね合わせて描いたとも評される。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!