MENU

買取・作品一覧

海老原喜之助 エビハラ キノスケ

海老原喜之助の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、海老原喜之助の作品を高く評価し、買取しております。
もし海老原喜之助の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。海老原喜之助の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

海老原喜之助

日本の洋画家。鹿児島県出身。大正末期から昭和にかけてフランスと日本で活躍。「エビハラ・ブルー」と呼ばれた鮮やかな青の色彩を多用し、馬をモチーフにした作品を数多く制作した。1970年、パリで客死。
今では郷里の鹿児島市立美術館、児玉美術館を始め各地の美術館に多数作品が収蔵されている。

『姉妹ねむる』 (1927年) 東京国立近代美術館
『港』 (1927年) 島根県立美術館
『ゲレンデ』 (1930年) 東京国立近代美術館
『曲馬』 (1935年) 熊本県立美術館
『ポアソニエール』 (1935年) 宮城県美術館
『青年』 (1941年) 北九州市立美術館
『殉教者』 (1951年) 東京国立近代美術館
『船を造る人』 (1954年) 北九州市立美術館
『靴屋』 (1955年) 北九州市立美術館
『燃える』 (1957年) 新潟県立近代美術館
『蝶』 (1959年) 知足美術館
『雨の日』 (1963年) 東京国立近代美術館
『男の顔』 (1965年) 三宅美術館
『サーカス』 (1970年) 鹿児島市立美術館

1904 鹿児島県に生まれる
1922 吉井淳二と共に上京。川端画学校に学ぶ
1923 第10回二科展に初入選 その後、1934年まで渡仏
1935 独立美術協会会員となる
1955 第3回日本国際美術展佳作賞
1960 第一回毎日芸術賞
1964 芸術選奨文部大臣賞受賞
1965 渡欧
1970 パリにて病没

海老原喜之助の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!