MENU

買取・作品一覧

藤田嗣治 フジタ ツグハル

藤田嗣治の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、藤田嗣治の作品を高く評価し、買取しております。
もし藤田嗣治の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。藤田嗣治の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 藤田嗣治

藤田嗣治

代表的な「エコール・ド・パリ」(パリ派)の⽇本⼈画家である藤⽥嗣治は、猫や⼥性をおもなモチーフとした作品を多く残した画家である。油彩画の中に⽇本画の技法を取り⼊れながら描いた裸婦像は、「乳⽩⾊の肌」「すばらしい深い⽩地」と絶賛され、⻄洋画壇からも⾼い評価を受けている。

祖国である⽇本へ貢献したいという想いから、戦時中は帰国して従軍画家として活躍するものの、その活動が批判を浴びることになり、再び⽇本を離れてフランス国籍を取得。フランスに移住後はカトリックの洗礼を受け、レオナールというクリスチャンネームを得ている。晩年には⾃⾝が建設に関わったフランスの礼拝堂のフレスコ画を完成させ、フランスへの感謝を表した。

1886年 東京都に⽣まれる
1910年 東京美術学校(現在の東京藝術⼤学)⻄洋画科を卒業
1913年 フランスに渡り、ピカソやモディリアニなど、パリ派の画家と交遊を重ねる
1919年 サロン・ドートンヌに出品した油彩の6 作品すべてが⼊選
1933年 ⽇本を再び活動拠点とし、戦時中は従軍画家として戦争画を描く
1955年 フランス国籍を取得
1959年 カトリックの洗礼を受け、レオナールの洗礼名が与えられる
1966年 フランスにシャペル・ノートル=ダム・ド・ラ・ペを建設。礼拝堂内のフレスコ画を制作
1968年 逝去

藤田嗣治のニーズと作品価値

藤⽥嗣治は、海外からも⾼い評価を受ける代表的な⽇本⼈画家の⼀⼈で、リトグラフや各種版画でも⾼価買取対象となることが多い作家です。藤⽥は、フランスで「エコール・ド・パリ」(パリ派)の⼀⼈で、⼥性をモチーフとした作品を得意としました。

特に、紙や絹の優美な質感を油絵で再現した、乳⽩⾊の肌を描く藤⽥独⾃の技法は注⽬を集め、⻄洋画壇からも絶賛されました。海外での需要も⾼い藤⽥の作品は、デッサンや⽔彩、⽔墨、油彩など、⾼価買取しています。

藤田嗣治の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

藤田嗣治の鑑定機関・鑑定人

日本洋画商協同組合鑑定登録委員会、東美鑑定評価機構

藤田嗣治の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!