MENU

買取・作品一覧

長谷川潔 ハセガワ キヨシ

長谷川潔の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、長谷川潔の作品を高く評価し、買取しております。
もし長谷川潔の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。長谷川潔の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

長谷川潔

1918年(大正7年)にフランスへ渡り、様々な銅版画の技法を習熟。特にメゾチント(マニエール・ノワールとも)と呼ばれる古い版画技法を復活させ、独自の様式として確立させたことで有名。渡仏して以来、数々の勲章・賞を受けたが、一度も帰国せずにパリで没した。

『南仏古村(ムーアン・サントゥー)』 1925年(大正14年)、メゾチント
『アレキサンドル三世橋とフランスの飛行船』 1930年(昭和5年)、メゾチント
『竹取物語 挿絵』 1933年(昭和8年)、ドライポイント、エングレービング
『2つのアネモネ』 1934年(昭和9年)、メゾチント
『一樹(ニレの木)』 1941年(昭和16年)、ドライポイント
『花(切子ガラスに挿したアネモネと草花)』 1945年(昭和20年)、アクアチント
『狐と葡萄(ラ・フォンテーヌの寓話)』 1963年(昭和38年)、メゾチント
『時、静物画』 1969年(昭和44年)、メゾチント

1891 横浜市で生まれる
1918 渡仏し、マニエール・ノワールの復興に尽くす
1926 サロン・ドートンヌの版画部門会員になる
1928 春陽会会員となる
1935 レジオン・ドヌール勲章を受章
1966 フランス文化勲章受章
1980 逝去

概要・その

長谷川潔の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!