MENU

買取・作品一覧

堀文子 ホリ フミコ

堀文子の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、堀文子の作品を高く評価し、買取しております。
もし堀文子の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。堀文子の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

堀文子

女子美術専門学校(現・女子美術大学)師範科日本画部卒業。女子美術専門学校在学中の1938年に第2回新美術人協会展入選。1940年に女子美術専門学校を卒業し新美術人協会会員になる。画家としての活動のほか、『キンダーブック』(フレーベル館)、『ふたば』などで挿画、装幀を描く。 29歳のときに外交官の男性と結婚、43歳のときに夫と死別。1961年から1963年にかけ世界放浪の旅へ出る。旅の中でアンフォルメル、シュルレアリスムの影響を離れ、日本画の持つ色彩や顔料の美しさに回帰する。1967年に神奈川県大磯に転居。1974年、創画会の結成に参画。1974年から1999年まで多摩美術大学日本画科教授として日本画の指導にあたる。 1981年に軽井沢にアトリエを構える。1987年にイタリアアレッツォにアトリエを構える。1992年にアレッツオ市で堀文子個展を開催。1995年にアマゾン川、マヤ遺跡・インカ遺跡へスケッチ旅行。1999年に創画会を退会。 2000年、82歳のときに幻の高山植物ブルーポピーを求め、ヒマラヤ山脈の高地を走破(「アーティストたちの挑戦 ヒマラヤ 高き峰をもとめて 日本画家 堀文子」(NHK収録/放送、2000年)。2001年に病に倒れて以降、長期間の取材旅行に出かけられなくなったことから微生物に着目し、海中に生きる命をモチーフとする作品を発表。これらの作品は画文集や個展で発表されている。自然の中に存在する命をモチーフとする作品が多く「花の画家」と呼ばれることもある。日本画のほか、装幀、随筆でも多くの作品を発表している。

1918 東京都に生まれる
1940 女子美術専門学校(現女子美大)日本画部卒業
1948 第1回創造美術展に出品、奨励賞受賞
1951 創造美術が新制作協会と合流、新制作協会日本画部となり、会員に推挙される
1952 上村松園賞を受賞
1974 創画会結成に参加、会員となる
1991 初の回顧展開催(有楽町西武ア―トフォ―ラム)
1992 イタリアにて堀文子日本画展開催 ※現在 創画会会員

堀文子の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!