MENU

買取・作品一覧

ジャン・デュビュッフェ Jean Dubuffet

ジャン・デュビュッフェの買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、ジャン・デュビュッフェの作品を探しています。
もしジャン・デュビュッフェの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。ジャン・デュビュッフェの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

ジャン・デュビュッフェ

20世紀のフランスの画家。アンフォルメルの先駆者と見なされ、従来の西洋美術の伝統的価値観を否定して、「生の芸術」を提唱した。デュビュフェはフォートリエ、ヴォルスらとともに、アンフォルメル(「非定形」の意。1950年代に盛んになった前衛美術運動)の先駆者と見なされ、20世紀美術の流れをたどる上で重要な画家の一人である。彼は、若い頃にパリで絵画を学んだこともあったが、やがてワイン商をしていた父の仕事を継いだ。本格的に画家として立つことを決意したのはかなり遅く、40歳を過ぎてからのことであった。

彼は1946年、パリのルネ・ドゥルーアン画廊で「ミロボリュス・マカダム商会、厚塗り」という奇妙な題名の個展を開く。マカダムとは、道路のアスファルト舗装工法の基礎を築いた人物の名前である。実際、この個展に展示された作品群は、砂、アスファルト、ガラス片などを混入した、まるで道路の表面のような厚塗りの画面に子供の落書きのような筆致で描かれたもので、見る人を困惑させた。この「厚塗り」展は、同じ頃にドゥルーアン画廊で相次いで開かれたフォートリエの「人質(オタージュ)」展(1945年)やヴォルスの個展 (1947年) とともに、第二次大戦後の西洋美術の新たな出発を告げるとともに、アンフォルメルなどの1950年以降の新たな美術の流れの原点に位置するものと言える。

デュビュフェは従来の西洋美術の洗練された技法や様式、巨匠の名人芸といったものに価値を認めなかったばかりか、西洋文明そのものを痛烈に批判し、子供、「未開」人、精神障害者などによる絵画をアール・ブリュット=生の芸術と呼んで賛美した。彼は精神障害者らの絵画を収集し、展示したこともある。1976年、デュビュフェの蒐集した作品をベースに、スイスのローザンヌにアウトサイダー・アートの美術館であるアール・ブリュット・コレクションが開設された。1985年にパリで死去。

『愉快な夜』 (1949年)国立国際美術館
『ご婦人のからだ』(1950)国立西洋美術館
『作品』(1948)大原美術館
『二人の脱走兵』(1953)愛知県美術館
『はばたき』(1961)福岡市美術館

(参考出展:wikipedia)

1901 フランスのルアーヴルに生まれる
1918 パリのアカデミーに一時期学ぶも挫折。以後、独学とする
1919 デュフィ、ヴァラドン、ジャコブらと交わる
1942「作業」シリーズの制作開始※この頃より、絵画制作に専念
1944 ルネ・ドルーアン画廊で初個展
1946 ドルーアン画廊で2度目の個展
1947 蒐集したアウトサイダー作品をドルーアン画廊の地下室で開催「アール・ブリュット」展
1960 彫刻やオブジェ制作開始
1972「ルールループ」による彫刻作品、「四本の樹々」をNYのチェースマンハッタン銀行に設置
1974 ポンピドゥーセンターの「カステリア風景、三色風景」展に出品
1981 NYのグッゲンハイム美術館、パリのポンピドゥーセンターで回顧展
1985 逝去

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!