MENU

買取・作品一覧

金山明 カナヤマ アキラ

金山明の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、金山明の作品を探しています。
もし金山明の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。金山明の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

金山明

金山明は、戦後の重要な芸術運動、「具体美術協会」のメンバーとして知られる作家です。1955年に「具体」の活動に参加した彼は、退会する65年までの10年間に、足跡の作品やバルーンの立体等、既存の美術の枠に捉われない自由でダイナミックな作品を発表しています。とくに自走する玩具の車に描かせた作品は、個人の表現領域に無機質な機械を持ち込む試みとして、美術史に重要な足跡を残しました。

彼は初期の1950年代前半に「具体」時代とは異なる、極度に絵の要素を切り詰めた禁欲的なドローイングや絵画を展開しています。

また「具体」以降は、暫く発表活動を休止した後、1990年頃から音楽の視覚化を試みた平面のシリーズや、太陽と地球の距離や銀河と地球との相関を図形や数値で表わす絵画等を発表してきました。ミニマル、アンフォルメル(不定形)、図式、記号など、表現は様々ですが、金山の作品に一貫して窺えるのは、「見えないもの」への関心と、個人的、身体的要素を極力排し、作品の自律性を保持しようとする姿勢です。

(参考出展:wikipedia)

1924年 大阪府に生まれる
1947年 多摩造形芸術専門学校(現・多摩美術大学)中退
1959年 まで大阪市立美術研究所に学ぶ
1952年 0会結成に参加
1955年 具体美術協会会員となる
1965年 同会を退会
2006年 没、享年82
2007年 豊田市美術館で「金山明」展開催

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!