MENU

買取・作品一覧

片岡球子 カタオカ タマコ

片岡球子の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、片岡球子の作品を高く評価し、買取しております。
もし片岡球子の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。片岡球子の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 片岡球子

片岡球子

⽚岡球⼦は⽇展・院展に何度も落選していたことから、「落選の神様」と呼ばれたことがあったという。しかし、1939 年に院展にて「緑陰」が⼊選。院友(⽇本美術院の研究会員が院展に3 回⼊選が条件)に推挙されてからは毎回⼊選という記録を残している。

⽚岡の⼤胆な⾊使いや従来の⽇本画作品にはなかった個性的な構成は、「ゲテモノ」と揶揄されることもあるほどだ。しかし、⽇本画の巨匠である⼩林古径(こばやしこけい)の励ましなどもあり、創作活動を続けたという。

やがて、⽚岡らしい⼒強い表現を確⽴させ、「⾯構」シリーズや「富⼠⼭」シリーズといった代表的な作品群を制作し、⾼い評価を得た。1982 年からは「ポーズ」という裸婦を描いたシリーズの制作を開始し、100 歳になるまで続けられた。

1905年 北海道・札幌に⽣まれる
1948年 第33 回院展出品作品「室内」が⽇本美術院賞受賞
1952年 第37 回院展出品作品「美術部にて」が⽇本美術院賞(⼤観賞)受賞
1955年 ⼥⼦美術⼤学⽇本画科の専任講師に就任。助教授を経て教授となる
1966年 愛知県⽴芸術⼤学⽇本画科の主任教授に就任
1966年 「⾯構」シリーズの制作を開始
1976年 勲三等瑞宝章を受章
1986年 ⽂化功労者に選出される
1989年 ⽂化勲章受章
2008年 急性⼼不全のため逝去

片岡球子のニーズと作品価値

⽇本を代表する⼥流⽇本画家の⼀⼈である⽚岡球⼦も、アート買取協会では⾼価買取対象となっています。従来の⽇本画の概念を揺るがしたともいわれている⽚岡の画⾵は、原⾊を⽤いることで独特の⾊彩感を表現し、⼒強く個性的で⼀度⾒たら忘れられない作品です。

特に⾼く評価された代表的な作品は、歴史上の著名⼈を題材にした「⾯構(つらがまえ)」シリーズや「富⼠⼭」シリーズなどがあります。特に、富⼠⼭シリーズの版画はニーズが⾼く、買取強化中です。

片岡球子の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

片岡球子の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!