MENU

買取・作品一覧

加藤唐九郎 カトウ トウクロウ

加藤唐九郎の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、加藤唐九郎の作品を探しています。
もし加藤唐九郎の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。加藤唐九郎の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

加藤唐九郎

陶芸家、また陶磁史研究家。愛知県東春日井郡水野村(現・瀬戸市水北町)出身。桃山時代の陶芸の研究と再現に努めた。永仁の壺事件で行った捏造により、無形文化財の資格を失った。事件後は作陶に専念した。 子息の加藤重高も陶芸家である。

・やきもの随筆(1962年、講談社)
・原色陶器大辞典(1972年、淡交社)
・陶器全集(1976年、宝雲社)共著
・陶芸口伝(1979年、翠松園陶芸記念館)
・自伝 土と炎の迷路(1982年、日本経済新聞社、1999年、講談社文芸文庫)
・かまぐれ往来(1984年、新潮社)
・唐九郎のやきもの教室(1984年、新潮社)

1897 愛知県に生まれる
1908 父が製陶業に専念し、瀬戸に移住
1931 帝展初入選
1952 織部焼きで重要無形文化財に認定
1960 永仁の壷事件
1965 毎日芸術賞受賞
1985 死去

加藤唐九郎の鑑定機関・鑑定人

加藤重高

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!