MENU

買取・作品一覧

小林古径 コバヤシ コケイ

小林古径の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、小林古径の作品を高く評価し、買取しております。
もし小林古径の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。小林古径の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

小林古径

小林 古径(こばやし こけい、1883年(明治16年)2月11日 - 1957年(昭和32年)4月3日)は、大正~昭和期の日本画家。 本名は茂(しげる)。1883年(明治16年)、新潟県高田(現上越市)に生まれる。1899年(明治32年)、上京して梶田半古に日本画を学び、39歳の1922年(大正11年)より前田青邨と共に渡欧留学。翌1923年(大正12年)、大英博物館で中国・東晋の名画「女史箴図巻」(じょししんずかん)を模写している。

「蚕の吐く糸のような」と評される線描が特色のこの中国古典を研究することによって、古径は東洋絵画の命である線描の技術を高めた。代表作「髪」は、このような古径の線描の特色をいかんなく発揮した名作である。簡潔に力強く描かれた線と単純な色彩で、髪の毛一本一本や美しく縁取られた顔の輪郭、半裸の女性の体温や皮膚の柔らかい感触まで、繊細に描き出している。

「髪」は、裸体画として、日本で初めて切手のデザインとなった。1935年(昭和10年)、帝国美術院会員。1944年(昭和19年)、東京美術学校教授に就任。1950年(昭和25年)、文化勲章受章。 古径の住居として東京都大田区南馬込に建築された小林古径邸は新潟県上越市の高田公園内に移築・復原され、国の登録有形文化財に登録されている。古径は、「私が好きになるような家を建ててください。」と言っただけで一切注文を出さなかった、古径邸ができあがってもすぐには移り住まずに通ってきては眺めて楽しんだというエピソードが残っている。 また、古径は絵画における写生の重要性を認識しており、庭の植物や庭で飼育した鳥などを写生したという。

「闘草」(1907) 山種美術館蔵
「加賀鳶」(1909) 東京国立近代美術館蔵
「極楽井」(1912) 東京国立近代美術館蔵
「極楽之井」(1912) 宮城県美術館蔵
「異端」(1914) 東京国立博物館蔵
「阿弥陀堂」(1915) 東京国立博物館蔵
「河風」(1915) 山種美術館蔵
「竹取物語」(1917) 京都国立近代美術館蔵
「いでゆ」(1918) 東京国立博物館蔵
「伊都岐島」(1920) 山種美術館蔵
「上宮太子」(1920) ニューオータニ美術館蔵
「罌粟」(1921) 東京国立博物館蔵
「機織」(1926) 東京国立近代美術館蔵
「琴」(1927) 京都国立近代美術館蔵
「木菟図」(1929) 大倉集古館蔵
「清姫(その6)日高川」(1930) 山種美術館蔵
「飛鴨」(1930) 新潟県立近代美術館蔵
「髪」(1931) 永青文庫蔵、重要文化財
「蓮」(1932) 山種美術館蔵
「秋采」(1934) 山種美術館蔵
「孔雀」(1934) 永青文庫蔵
「双鳩」(1937) 東京国立近代美術館蔵
「唐蜀黍」(1939) 東京国立近代美術館蔵
「牡丹」(1939) メナード美術館蔵
「不動」(1940) 東京藝術大学大学美術館蔵
「馬郎婦」(1943) 東京国立近代美術館蔵
「紅梅」(1943) 東京国立近代美術館蔵
「牛」(1943) 山種美術館蔵
「富士」(1944) 東京国立近代美術館蔵
「楊貴妃」(1951) 足立美術館蔵
「菖蒲」(1952) 山種美術館蔵

1883 新潟県に生まれる
1899 上京し、梶田半古の塾に入門する
1910 安田靫彦、今村紫紅らの紅児会に入会
1914 日本美術院同人に推挙される
1921 日本美術院留学生として渡欧
1935 帝国美術院会員となる
1944 東京美術学校教授就任。帝室技芸員となる
1949 東京藝術大学教授となる
1950 文化勲章受章
1951 文化功労者となる。東京藝術大学教授辞任
1957 東京にて逝去。従三位勲二等旭日重光章受章

小林古径の鑑定機関・鑑定人

東美鑑定評価機構

小林古径の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!