MENU

買取・作品一覧

黒田正玄 クロダ ショウゲン

黒田正玄の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、黒田正玄の作品を高く評価し、買取しております。
もし黒田正玄の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。黒田正玄の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

黒田正玄

黒田 正玄(くろだ しょうげん)は千家十職の一つで、竹細工・柄杓師を務める家が代々襲名している名称。柄杓の他、台子、香合、花入など竹を使う茶道具を製作し、千家に納めてきた家系。

初代正玄は、元々武士で丹羽長重に仕えていた。しかし関ヶ原の戦いで丹羽氏は西軍に付き改易、浪人となったために剃髪して大津に移り住み、竹細工職人となった。評判の竹細工師となった正玄は小堀政一(遠州)からの注文を受け、茶道界・江戸幕府とのつながりを作る。以後明治維新に致るまで、歴代三千家・将軍の御用達柄杓師となる。10代正玄は9代正玄の早世により急遽婿養子となった人物だが、家督相続が明治維新と重なり、庇護者である幕府が崩壊、茶道も衰退する中、家業の保持に苦心した。その後を嗣いだ11代正玄も早世、12代正玄は周囲の援助を得ながら、戦中・戦後の困難な時期に家業を支えた。

(参考出展:wikipedia)

●初代:黒田正玄(1578~1653)字は七郎左衛門。越前国黒田郡生。
成長して、当地の当主である丹羽長重に仕えるが、関ヶ原の合戦で長重が西軍につき改易、七郎左衛門も浪人となる。 この時に剃髪して黒田正玄と号し、大津に移って竹細工の製造を始める。豊臣秀吉に柄杓を納めて「天下一」と称されていた一阿彌という醒ヶ井の井戸守が、黒田正玄の柄杓づくりの師匠であったといわれる。その後竹細工が評判を呼び京に転居。小堀遠州の元で茶を修行しその推挙により江戸幕府御用達の柄杓師となる。

●二代:黒田正玄(1626~1687)初代の三男。諱は宗正。
27歳の時に家督相続。小堀遠州の推薦により徳川家光の御用柄杓師となる。

●三代:黒田正玄(1656~1717)二代の長男。初名は弥助。
徳川綱吉、表千家覚々斎、久田宗全の御用達を務める。宝暦元年(1704)、隠居し正斎と名乗る。

●四代:黒田正玄(1692~1731)三代の長男。
13歳の若さで家督相続し、将軍家、三千家御用を務めるが、40歳で早世。

●五代:黒田正玄(1738~1778)
四代に子供がいなかったため、二代の妻の実家である勝見五郎兵衛家から養子に迎えられる。幼名は才次郎。徳川吉宗、表千家如心斎、裏千家又玄斎、武者小路千家直斎の御用を務める。

●六代:黒田正玄(1747~1814)五代の長男。幼名は正次郎。字は弥吉。
剃髪後は弄竹斎、玄堂。上京の町年寄を務めるなど、京の町人の中でも重鎮であり、柄杓師としては徳川家治、家斉、表千家、裏千家不見斎、武者小路千家一啜斎の御用を務める。

●七代:黒田正玄(1768~1819)六代の養子。字は弥三郎。後に弥吉。
47歳で家督相続。養父に引き続き上京町年寄、及び徳川家斉、表千家了々斎、裏千家認得斎、武者小路千家好々斎の御用を務める。

●八代:黒田正玄(1809~1869)七代の長男。幼名は熊吉。元服後は弥吉。
11歳の時、父の死により家督相続。先代に引き続き将軍家、三千家御用達柄杓師を務める。

●九代:黒田正玄(1837~1859)八代の長男。字は弥一郎。
修行中、父に先立って早世。

●十代:黒田正玄(1825~1900)八代の婿養子。初名は利助。
八代の弟子であり、既に結婚独立していたが、九代の急死のため、急遽師匠の命により呼び戻されて後継者となる。

●十一代:黒田正玄(1869~1911)十代黒田正玄と八代黒田正玄の娘の間に生まれた長男。
幼名は熊吉。富岡鉄斎と親交があった。表千家碌々斎、裏千家又?斎、武者小路千家一指斎の御用を務める。

●十二代:黒田正玄(1906~1988)十一代の長男。本名は久万吉。
父が死去したときまだ6歳だったため、叔父黒田常次郎と父の弟子上田定次郎に後見され、大正15年に家督相続する。

●十三代:黒田正玄(1936~)本名は正春。早稲田大学文学部卒。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!