MENU

買取・作品一覧

マルク・シャガール Marc Chagall

マルク・シャガールの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、マルク・シャガールの作品を高く評価し、買取しております。
もしマルク・シャガールの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。マルク・シャガールの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 マルク・シャガール

マルク・シャガール
ポーランドとの国境に近いロシアで、東欧系ユダヤ⼈として⽣まれたマルク・シャガール。ロシアでヨーロッパ近代美術を学んだあと、フランスへ移住し、多数の芸術家と親交を結びながら創作活動を⾏う。1915年、最愛の妻・ベラと結婚し、ロシアへ帰国。以後、ベラへの愛や結婚をテーマとした作品を多く制作し、別名「愛の画家」とも呼ばれる。 再度パリへ赴き、ニコライ・ゴーゴリの⼩説「死せる魂」の挿絵を描くなどの活動を⾏う。また、「エコール・ド・パリ(パリでボヘミアン的な⽣活をする画家たち)」の中⼼⼈物として⾼い評価を得る。1941 年にニューヨーク近代美術館の招待でアメリカへ。第⼆次世界⼤戦の終戦後、パリに戻り、以後フランス国内を拠点に活動を続ける。芸術家としての活動は絵画から陶芸、ステンドグラス、彫刻などといったものへと移⾏していく。 晩年の代表的な仕事としては、オペラ座の天井画が挙げられる。1985 年に死去するまで、妻に対する愛情や別れ、宗教観、戦争と迫害などをテーマにした数々の名作を⽣み出した。

1887年 ロシア・ヴィテブスクでユダヤ家系に⽣まれる
1910年 フランスのパリへ渡る
1914年 ロシアへ帰国。第⼀次世界⼤戦とロシア⾰命を経験
1915年 ベラ・ローゼンフェルトと結婚。以後、ベラをテーマとした作品を数多く制作
1922年 モスクワで、ナタン・アールトマン、ダヴィド・ステレンベルクとグループ展を開催
1923年 再び、フランスのパリへ
1941年 ナチスの迫害を逃れてアメリカへ移住
1947年 三度、フランスのパリへ
1951年 ベルンとエルサレムで⼤規模な展覧会を開催
1964年 オペラ座の天井画が完成する
1973年 ニースに「シャガール美術館」が開館
1985年 97歳で死去

マルク・シャガールのニーズと作品価値

初期モダニストの代表的な画家であり、当時美術界で頭⾓を現した「エコール・ド・パリ」(パリでボヘミアン的な⽣活をする画家たち)の中⼼⼈物であるマルク・シャガール。

キュビスム(さまざまな⾓度から⾒た物の形を画⾯に収める⼿法)、フォーヴィスム(強烈な⾊彩と激しいタッチの絵画)、表現主義、シュルレアリスム(超現実主義といわれる思想活動)、象徴主義など、さまざまな前衛芸術スタイルを融合して作品を制作したことで、⾼い評価を得ました。

第⼆次世界⼤戦後は、ステンドグラスや版画などを中⼼に創作活動を⾏いました。「愛の画家」とも呼ばれ、「ダフニスとクロエ」や「サーカス」シリーズは、本⼈サインの⼊っていないリトグラフでも⾼額買取の対象となっています。

マルク・シャガールの代表作

※買取価格は当社のこれまでの買取実績、および、相場価格を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

マルク・シャガールの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!