MENU

買取・作品一覧

モーリッツ・コルネリス・エッシャー Maurits Cornelis Escherの美術品買取情報

モーリッツ・コルネリス・エッシャーの買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、モーリッツ・コルネリス・エッシャーの作品を探しています。
もしモーリッツ・コルネリス・エッシャーの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。モーリッツ・コルネリス・エッシャーの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

モーリッツ・コルネリス・エッシャー

1898年6月17日、レーワルデンにてお雇い外国人として来日したこともある土木技術者の父ジョージ・アーノルド・エッシャー (George Arnold Escher)と、その2番目の妻サラ・グレイマン (Sarah Gleichman) の間に、5人兄弟の末っ子として生まれる。1903年にはアルンヘムに引っ越し、13歳まで土木技術について学び、ピアノのレッスンを受けていた。 1912年から1918年まで中等学校に通う。絵は素晴らしかったが成績はあまり良くなく、2年生を2回やることになった。数学が全くできなかったと言っているのは自身の謙遜のようである。1919年からハールレムの学校に通い、建築と装飾美術について学んだ。

建築については簡単に学んだだけであったが、しばらくして装飾美術についてサミュエル・メスキータ(オランダ語版) に才能を見出される。そこで絵画とウッドカットの経験を積み1922年に卒業している。二人の関係は、サミュメル、その妻エリーザベト、息子ヤーンの3人がナチス・ドイツによって連行・殺害される1944年まで続いており、エッシャーはメスキータがナチスに連れ去られた後、彼の家に行き数枚の作品を集め生涯大切にしていた。

1924年には旅行先のイタリアで出会ったイエッタ・ウミカーと結婚し、1926年には長男ジョージが生まれ、ローマに移り住んだ。1930年には風景画の最高傑作といわれる『カストロバルバ』を制作している。しかし、1935年に長男がイタリア少年国粋党の制服着用を義務づけられたことと、次男アーサーに結核の兆候が見つかったことから、一家はスイスに移り住んだ。 エッシャーはスイスの雪景色を好まず、雪景色に関する版画を一枚しか作成していないが、新しい環境は自分の内面を見つめなおす良い機会になった。

単調な風景の中でエッシャーは次第に南の海に憬れるようになり、自分でスペイン南部にいたる船旅を計画、乗船代金のかわりに旅の途中に作製する版画を受け取ってくれないか、と船会社に提案した。当時はまだ全くの無名で、船会社がこの申し入れを聞き入れたのは幸運であった。このとき船賃として制作された48枚の版画には、『幻窓』『マルセイユ』『貨物船』などが含まれていた。旅行中スペインのグラナダのアルハンブラ宮殿で、ムーア人のモザイク模様を見て深い感銘を受ける。

この旅行のあと、後年の作品に多く見られることになる繰り返し模様の作品に挑戦しはじめた。ライオンに似た動物やこうもりで埋め尽くされた織物を作製して展覧会を開いたが、不成功に終わり、繰り返し模様の作品製作を断念する。精巧な版画家で知られるエッシャーも、始めは不恰好な動物しか作成が出来なかったのである。

1937年にはベルギーに移り、1934年5月13日に2回目のアルハンブラ宮殿訪問をはたした。妻と共に宮殿の洗練された模様の膨大なスケッチをとり、ホテルで彩色している。旅行後は結晶学者であった兄のB.G.エッシャーから『結晶学時報』を読んでみるように勧められた。『結晶学時報』には繰り返し模様に関する論文が掲載されており、平面を同じ図形で埋める方法(平面充填)を研究した。特にジョージ・ポリアの論文には17種類もに及ぶ繰り返し模様の具体例が掲載されており、大きな刺激となった。1937年から平面の正則分割に関する「素人理論」に関するノートをまとめ始めた。1958年には愛好家に向けて『平面の正則分割』を発表、自分自身で纏め上げた理論を分かりやすく説明している。

(参考出展:wikipedia)

1898年にオランダのレーワールデンに生まれる。ハールレムの建築装飾美術学校に入学した際、恩師の勧めで高度な版画技術を習得。その後、25歳でイタリアに渡り、各地を旅行して風景や建築をスケッチし、それを元に多くの版画を制作。 1936年、グラナダのアルハンブラ宮殿を飾るモザイクの幾何学模様に大きなインスピレーションを得る。そこから平面を規則的に分割する方法を用いて人間や動物などのモチーフを、連続や循環、変容させてゆく独自の表現方法を確立。迷宮のようなそのイメージの宇宙には、自然という三次元の世界と絵画という二次元の世界をめぐるエッシャーの深い思索と豊かな詩心が息づき、迷宮をめぐる無限への探求は1972年に74歳で亡くなるまで続いた。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!