MENU

買取・作品一覧

小野竹喬 オノ チッキョウ

小野竹喬の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、小野竹喬の作品を高く評価し、買取しております。
もし小野竹喬の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。小野竹喬の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 小野竹喬

1889年(明治22年) 岡山県笠岡市西本町に生まれる。1906年(明治39年)京都の日本画家・竹内栖鳳に師事。栖鳳より「竹橋」の号を授かる。1911年(明治44年)京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)別科修了。同校の同期生であった村上華岳、土田麦僊とともに1918年(大正7年)国画創作協会を結成する。1923年(大正12年)、号を「竹喬」と改める。1947年(昭和22年)には京都市美術専門学校教授に就任し、京都市立芸術大学と改組した後も教鞭を執った。 同年、日本芸術院会員となる。 50歳前後で没した華岳、麦僊に対し、竹喬は戦後も日本画壇の重鎮として活躍し、1976年(昭和51年)には文化勲章を受章している。 等持院の小野宅は、今も閑寂な空気につつまれ、庭や東隣に位置する名刹等持院境内には、小野竹喬の絵の素材になった木々が繁る。

1889 岡山県に生まれる
1903 京都で竹内栖鳳に師事
1909 京都市立絵画専門学校別科に入学
1916 第10回文展特選受賞
1918 土田麦僊らと国画創作協会を設立
1928 国画創作協会解散 翌年帝展に復帰、帝国美術院推薦
1947 京都市美術専門学校教授就任 日本芸術院会員となる
1968 文化功労者顕彰
1976 文化勲章授章
1979 京都で歿

小野竹喬のニーズと作品価値

小野竹喬の作品価値は上昇しております。これは買い手市場が活発な事がその背景にあります。故に小野竹喬の作品は買取側にとっても高い価値(高価査定)を付けやすい作品が多いです。 そのような事を踏まえまして当社は
強化買取を実施しております。 小野竹喬の作品をお持ちで売却をお考えのお客様は、是非ともアート買取協会までお気軽に御相談ください。

鑑定機関・鑑定人:小野道子

小野竹喬の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!