MENU

買取・作品一覧

佐藤太清 サトウ タイセイの美術品買取情報

佐藤太清の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、佐藤太清の作品を探しています。
もし佐藤太清の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。佐藤太清の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

佐藤太清

佐藤 太清(さとう たいせい、1913年11月10日 - 2004年11月6日)は京都府福知山市出身の日本画家である。花鳥画と風景画を融合させた独自の「花鳥風景画」を確立したことで知られる。

日本美術展覧会(日展)初入選は30歳と大変遅咲きであったが、1966年第9回新日展に出品した『風騒』は、全く新しい画期的な日本画として絶賛され、文部大臣賞、日本芸術院賞をダブルで受賞し注目を浴びた。1980年日本芸術院会員、1988年文化功労者に列せられ、1992年には文化勲章を受章。1993年福知山市名誉市民。2004年逝去の際には、従三位に叙せられた。 日本画壇の重鎮として戦後の日展を支えた。

晩年は、福知山市佐藤太清賞公募美術展を福知山市と創設し、後進の育成のため尽力した。 京都府福知山市にある福知山城公園の入口に福知山市佐藤太清記念美術館がある。 長女は、作詩家の佐藤雅子である。

「かすみ網」(1943年、板橋区立美術館蔵)
「清韻」(1947年、山種美術館蔵)
「竹窗細雨」(1951年、埼玉県立近代美術館蔵)
「樹」(1956年、佐久市立近代美術館蔵)
「寂」(1959年、東京都現代美術館蔵)
「風騒」(1966年、日本芸術院蔵)
「燄」(1967年、那覇市民ギャラリー蔵)
「洪」(1968年、福知山市佐藤太清記念美術館蔵)
「緑雨」(1970年、東京国立近代美術館蔵)
「夢殿」(1972年、所蔵先非公開)
「昏」(1974年、愛媛県立美術館蔵)
「雨の天壇」(1979年、日本芸術院蔵)
「東大寺暮雪」(1975年、広島県立美術館蔵)
「旅の朝」(1980年、所蔵先非公開)
「旅の夕暮」(1981年、愛知県美術館蔵)
「最果の旅」(1983年、福知山市佐藤太清記念美術館蔵)
「旅愁」(1986年、光記念館蔵)
「雨あがり」(1991年、京都造形芸術大学付属康耀堂美術館蔵)
「行雲帰鳥」(1992年、福知山市佐藤太清記念美術館蔵)
「佐田岬行」(1993年、福知山市佐藤太清記念美術館蔵)
「雪つばき」(1994年、日本芸術院蔵)

1913 京都府福知山市に生まれる
1927 惇明尋常高等小学校を卒業
1931 福知山実践商業学校を卒業、上京
1943 第6回文展で初入選
1947 第3回日展で特選
1966 第9回日展で文部大臣賞受賞
1967 日本芸術院賞を受賞
1980 日本芸術院会員就任
1988 文化功労賞に列せられる
1992 文化勲章を受章
1993 福知山市名誉市民となる
2004 11月永眠

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!