MENU

買取・作品一覧

杉本健吉 スギモト ケンキチ

杉本健吉の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、杉本健吉の作品を高く評価し、買取しております。
もし杉本健吉の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。杉本健吉の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

杉本健吉

1923年に旧制愛知県立工業高校を卒業後、加藤静児のアドバイスにより図案家、今でいうグラフィックデザイナーとして鉄道会社を中心としたポスターや商業デザインの仕事を手がける。
1925年に京都に出向き岸田劉生の門下に入る。その後、吉川英治作の『新・平家物語』・『私本太平記』等の挿絵を担当し絶賛を得る。1949年(昭和24年)奈良 東大寺観音院住職上司海雲師の知遇を受け、観音院の古土蔵をアトリエにしてもらい、奈良の風物を描く。奈良では志賀直哉、入江泰吉らと交流する。
1987年 名古屋鉄道により、愛知県知多郡美浜町美浜緑苑に杉本美術館が開館し、売らずにいた絵画が収蔵された。晩年まで毎週、同美術館に足を運び、美術館内に設けられたアトリエで、デッサンや来館者との歓談を楽しんでいたが、2004年肺炎のため死去(98歳)。

名鉄7000系パノラマカー(赤色(スカーレット))と名古屋市営地下鉄東山線(黄色(ウィンザーイエロー))車両の塗色を決めたり、青柳ういろうの社章(小野道風の故事をもとに、柳に飛びつくカエルの姿を図案化)や、中部電力(「電」を図案化)・名鉄百貨店(「名」を図案化)の社章(いずれも初代)、名古屋市営地下鉄のマーク(地下鉄のトンネルと線路を図案化)のデザインを手掛けた。また、東大寺が経営する東大寺学園(奈良市山陵町)において、中学棟・高校棟を繋ぐ「転心殿」を榊莫山と合作し、同校へ寄贈した。

1905 愛知県に生まれる
1925 岸田劉生に門下に入る
1937 国画奨学賞を受ける
1962 ヨーロッパへ初のスケッチ旅行
1992 胎蔵界・金剛界の両界曼荼を製作
2004 肺がんのため死去

杉本健吉の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!