MENU

買取・作品一覧

竹久夢二 タケヒサ ユメジ

竹久夢二の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、竹久夢二の作品を高く評価し、買取しております。
もし竹久夢二の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。竹久夢二の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

竹久夢二

数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、大正浪漫を代表する画家で、「大正の浮世絵師」などと呼ばれたこともある。また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。文筆の分野でも、詩、歌謡、童話など創作しており、なかでも、詩『宵待草』には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。また、多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣などのデザインも手がけており、日本の近代グラフィック・デザインの草分けのひとりともいえる。

彼自身の独特な美意識による「夢二式美人画」と呼ばれる作品の多くは、日本画の技法で描かれ(軸物や屏風仕立てで遺る)、また、洋画(キャンバスに油彩)技法による女性像や風景画ものこされている。好んでさまざまな表現形式を試みたが、むしろ、それらは後世になってから評価されたもので、当時の時点においては、印刷された書籍の表紙や広告美術などが多くの目に触れ、大衆人気というかたちで脚光を浴びたのであった。一時は中央画壇への憧れもあったようだが受け入れられず、終生、野にあって新しい美術のあり方を模索した。

世の動きとしてみた場合、当時の画壇ではさまざまな芸術思潮が交錯し、ある意味で胎動期の不定のさなかである。都市における大衆文化の開花による消費生活の拡大を背景とした、新しい応用美術としてのデザインというものの黎明の時代であり、夢二もこれに着目した。生涯の後期にいたっては、彼の図案家としての才能の実績において、生活と結びついた美術を目指し、あるいは産業と融合すべきとの理念を持ち、むしろ積極的に、商業美術(のちにいわれるグラフィック・デザイン)の概念を描いていたようである。榛名山産業美術研究所の構想や、先進欧米視察への野望がこのことを裏付けている。画集・詩文集・童話は21世紀に入ってもさまざまな装丁で刊行されている。

●絵画
・夢二画集 春の巻(洛陽堂 1909年)
・夢二画集 夏の巻(洛陽堂 1910年)
・小曲絵本「三味線草」(新潮社 1915年)
・露地の細道(春陽堂 1919年)
・黒船屋(1919年)
・長崎十二景(1920年)
・女十題(1921年)  など

●木版画
・秋のしらべ(1924年)
・花火(1924年)
・雪の風(1924年)

●絵本・挿絵
・子供の国(洛陽堂 1910年)
・青い船(実業之日本社 1918年)
・どんたく絵本(金子書店 1923年)
・童謡集「歌時計」(春陽堂 1919年)
・童謡集「凧」(研究社 1926年)
・童話集「くさのみ」(実業之日本社 1915年)
・童話集「春」(研究社 1926年)

●小唄集・詩集
・どんたく (実業之日本社 1913年)「宵待草」が含まれる、中公文庫で再刊
・夢のふるさと
・青い小径
・さよなら

1884年 岡山県に生まれる
1902年 早稲田実業学校に入学
1905年 荒畑寒村の紹介で平民社発行の『直言』にコマ絵が掲載される
1906年 学校を中退し童話雑誌「少年文庫」の挿絵を描く
1907年 岸たまきと結婚 翌年長男・虹之助をもうける
1914年 雑誌「子供之友」「新少女」(婦人之友社)に挿絵を描き始める
1918年 『宵待草』に宮内省雅楽部のセノオ楽譜から発表全国的なヒットとなる
1931年 横浜を出航しホノルルを経由して渡米 翌年までアメリカ各地で個展を開催
1934年 『ありがとう』の言葉を最後に永眠 有島生馬らにより東京・雑司ケ谷墓地に埋葬される

竹久夢二の代表作

竹久夢二の鑑定機関・鑑定人

東美鑑定評価機構

竹久夢二の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!