MENU

買取・作品一覧

上村松園 ウエムラ ショウエン

上村松園の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、上村松園の作品を高く評価し、買取しております。
もし上村松園の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。上村松園の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 上村松園

京都で⽣まれ育った上村松園は、京都の伝統⽂化が作品にも表現されており、明治から⼤正、昭和まで⼀貫して⾼い気品を感じられる美⼈画を描き続けている。簡潔且つ優美な線や、抑えめでも明るさを感じられる⾊彩が特徴的で、昭和期はそこに作品の深みも加わった。 また、松園は⼥⼿ひとつで育てられたため、重要⽂化財である「⺟⼦」や「⻘眉」「⼣暮」など、亡き⺟を想う作品も多く⼿掛けている。⼥性が画家を志すことはきびしいとされた時代に、⾃分を⽀え続けてくれた⺟の存在は、松園の芸術のルーツに⽋かせない。 1890 年、内国勧業博覧会出品作品である「四季美⼈図」が⼀等褒状を受賞し、英国皇太⼦が買い上げたという実績もある。代表作は、切⼿趣味週間の図案として採⽤された「序の舞」などがある。

1875年 京都府に⽣まれる
1887年 京都府画学へ⼊学。鈴⽊松年に師事
1888年 「松園」の号を受ける。京都府画学校を退学
1890年 第3 回内国勧業博覧会の出品作品の「四季美⼈図」が、⼀等褒状を受ける
1893年 幸野楳嶺に師事する
1895年 ⽵内栖鳳に師事する
1900年 第8 回⽇本絵画協会、⽇本美術連合共進会にて⼆等銀賞受賞
1943年 随筆集「⻘眉抄」を刊⾏
1946年 第⼀回⽇展審査員となる
1948年 ⽇本⼈⼥性で初の⽂化勲章を受章
1949年 逝去

上村松園のニーズと作品価値

明治の代表的な⽇本画家である上村松園は、⼥性初の⽂化勲章作家としても知られています。「真・善・美の極致に達した本格的な美⼈画」といわれ、気品ある⼥性像を多く⼿掛けています。中でも代表作「序の舞」は、⼥性作家による理想の⼥性像の追求ともいわれています。

美⼈画の需要が⾼い上村の作品ですが、特に顔がきれいで、着物や背景といった細部も描き込まれている作品は、アート買取協会では⾼価買取の対象となっています。

上村松園の代表作

※買取価格は当社のこれまでの買取実績、および、相場価格を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

上村松園の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!