MENU

買取・作品一覧

似休斎 ジキュウサイ

似休斎の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、似休斎の作品を探しています。
もし似休斎の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。似休斎の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

似休斎

4代一翁宗守は、最初は兄である宗拙同様に家を出て、武者小路あたりの吉文字屋という塗師の家へ養子として入り吉岡甚右衛門と称していた。しかし宗旦の最晩年には江岑宗左とともに行動しており、自身の還暦を前に千家の茶の世界に戻り、兄弟の勧めもあって官休庵をひらいたようである。塗師の家はその後中村宗哲家へと引き継がれた。一翁は宗旦没後の1666年(寛文6年)に讃岐国高松藩の松平頼重の元へ茶堂として出仕しているが、翌年には老齢を理由に退き5代文叔宗守にその地位を譲っている。以来武者小路千家の家元は高松藩の茶道指南役に就いた。

(参考出展:wikipedia)

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!