MENU

買取・作品一覧

アンドレ・ドラン Andre Derain

アンドレ・ドランの買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、アンドレ・ドランの作品を探しています。
もしアンドレ・ドランの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。アンドレ・ドランの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

アンドレ・ドラン

20世紀のフランスの画家。イヴリーヌ県シャトゥー出身。アンリ・マティスらとともにフォーヴィスム(野獣派)の運動において指導的役割を果たした画家。風景、人物、静物などさまざまな画題の作品がある。作風も、ポール・シニャック風の点描に近い技法を用いた風景画から、キュビスム風の静物画まで幅広い。1898年、アカデミー・カリエールに入学。そこでマティスやマルケと知り合う。1900年、独学で絵を描いていたモーリス・ド・ヴラマンクと知り合う。ドランとヴラマンクはシャトゥーに共同のアトリエを設け、以後しばらく共同制作をする。

1905年には、マティスとともにコリウールに滞在し制作する。地中海に面した港町コリウールの豊かな色彩は2人の画家の作風に決定的な影響を与えた。この年の秋のサロン・ドートンヌで、彼らグループの作品が集められた部屋は批評家ルイ・ヴォークセルによって「野獣の檻」と称せられた。これが野獣派(フォーヴィスム)の名の由来である。1905年末から1906年初めにかけて、画商アンブロワーズ・ヴォラールの勧めでロンドンに滞在し、テムズ川沿いの風景を描く。1907年からはピカソなど「洗濯船」(バトー・ラヴォワール)の画家たちとも交流するようになる。

1919年にバレエ・リュス(セルゲイ・ディアギレフ主宰)の「風変わりな店」の美術と衣装を手掛けたのを最初として、晩年までバレエやオペラの衣装や舞台装飾も手掛けた。また、挿絵、彫刻なども手掛けている。1921年のイタリア旅行を期に作風はアカデミックなものに回帰し、古典的な陰影や遠近法、落ち着いた色彩で静物、人物等を描くようになった。ヴィシー政権下ではパリに居を構え、ナチス・ドイツにフランス文化の権威として利用される形となり、1941年にドイツを訪れている。このために、終戦後にナチス協力者とみなされて事実上の追放処分となった。晩年には病により片目の視力を失った。1954年にオー=ド=セーヌ県ガルシェで自動車事故により死亡。

・テーブル(1911)(メトロポリタン美術館)
・夜の英国国会議事堂(1905頃)(メトロポリタン美術館)

1880 フランスのパリでシャトーの町会議員で裕福な家庭に生まれる
1905 マティスから勧められ、ヴラマンクと共に展覧会に出品
1907 ピカソ、ブラックと出会う
1916 初めての個展
1924 パレエやオペラの装飾と衣裳なども数多く手掛ける
1954 事故により死去

アンドレ・ドランの買取作品例

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!