MENU

買取・作品一覧

ベン・シャーン Ben Shahnの美術品買取情報

ベン・シャーンの買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、ベン・シャーンの作品を探しています。
もしベン・シャーンの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。ベン・シャーンの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

ベン・シャーン

1906年、7歳のとき、移民としてアメリカに渡る。ニューヨークのブルックリンに住み、石版画職人として生計を立てていたシャーンは、肉体労働者、失業者など、アメリカ社会の底辺にいる人々と身近に接し、彼らに共感をもっていた。シャーンが社会派リアリズムの画家として、戦争、貧困、差別などのテーマを扱い続けたのも、こうした経歴と関係があろう。 1954年の核実験で被爆した第五福竜丸をテーマにしたシリーズ、フランスのドレフュス事件をテーマにしたシリーズなどが知られている。壁画、ポスター、挿絵、写真など、グラフィックアートのあらゆる分野に手を染めている。晩年には詩人リルケの『マルテの手記』をテーマにした石版画連作を残している。
・サッコとバンゼッティの受難(1931年~1932年): サッコ・バンゼッティ事件 ・盲目のアコーディオン弾き(1945年)(ノイバーガー美術館) ・リルケの『マルテの手記』より(1968年) ・みんなのたのしみ (参考出展:wikipedia)
1898 リトアニアのコヴノ付近カウナスの木彫家の家庭に生まれる 1930 ニューヨークのダウンタウン画廊で初めての個展 1947 ニューヨーク近代美術館で回顧展 1948 「ルック」誌の「アメリカ絵画をリードするベスト10人」に入選 1961 ニューヨーク近代美術館で回顧展 1964 国立芸術協会から金メダル授与 1969 ニューヨークにて死去

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

アート買取協会で
買取できる美術品

日本画、洋画、現代アートなどの絵画買取から掛軸、陶磁器などの骨董・古美術の買取まで幅広い美術品ジャンルを取り扱っております。
一覧にない美術品も取扱いがございますので、まずはお気軽にご相談ください。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!