買取・作品一覧

ジュモー Jumeauの美術品買取情報

ジュモー

Emile-Louis_Jumeau
作家名
ジュモー
出身
フランス
ジャンル
中国美術・西洋アンティーク

ジュモーとは

ジュモーは 1840年代のフランスでビスクドールとチャイナドールを製造した会社です。 創設者のピエール・フランソワ・ジュモーの家族は元々織物業を営んでいましたが、パリへの出張中に、フランスで数少ない人形師の 1 人であるルシウス・ジュニウス・ヘリシーの姪と出会い、1841年に結婚しました。 1841年、ジュモーはルイ・デジール・ベルトンと提携していましたが、数年後の1844年に妻が亡くなった後、新しい事業を始めました。 1848年までにはジュモーは一流の人形メーカーとなり、1849年のパリ博覧会では銅メダルを獲得しました。 そして 1851 年にロンドンのクリスタル パレス展示会に招待され、ドレスが賞賛の対象として選ばれ、最優秀賞を受賞しました。ジュモー人形は広く高く評価され、国際展示会で数々の賞を受賞しました。最初の人形は張り子で、刻印がなかったため、今日の帰属問題を引き起こしており、1870 年代以前に作られたジュモー人形の中で確実に識別できるのは少数のみです。1850 年代には、釉薬をかけた磁器の人形が同社の在庫に追加されましたが、ビスクドールが最大の成功を収め、同社はその製品の美しさ、優美さ、優雅さ、品質で評判を獲得しました。 1872年、ピエール フランソワはドイツからの人形の頭部に不満を持ち、モントルイユで磁器工場を設立して独自の頭部を製造し、他の人形製作者に供給し始めました。 【エミール=ルイ・ジュモー】 1843年に生まれたジュモーの次男エミール・ルイは、 1866年にロンニー・オー・ペルシュにシャトー・ジュモーまたはヴィラ・ジュモーを建設し、会社の経営を引き継ぎ始め、1877年にジュモー製のヘッドを備えたベベ・インカッサブルを発表しました。若い女の子の顔と、完全に関節で構成されたボディ。ジュモーの人形は、当時流行していたスタイルでファッショナブルに服を着ており、多くの場合、引き締まった成熟した体型をしていました。現代のバービー人形と同様に、幅広い服装スタイルやアクセサリーが利用可能になりました。1878 年、当社はパリ博覧会で金メダルを受賞し、この栄誉はすべての製品に誇らしげに宣伝されました。1879 年にシドニー、1880 年にメルボルンで開催された国際展示会でも、さらなる賞が続きました。1885 年のアントワープ展示会で、ジュモーの人形はディプロム ドヌール賞を受賞しました。その後、この賞は、作られたすべての人形に刻印されることで記念されました。同社の黄金時代は 1870 年代後半から 1890 年代後半まで続き、当時同社は 200 人以上の従業員を雇用し、年間 10 万体の人形を生産していました。 エミール・ルイの国際市場への拡大により、売上は新たな高みに達しました。1879 年、皇帝の彫刻家アルベール エルネスト キャリア ベルーズは、ジュモーから少年または少女の頭として使用されるエピセンの頭を作るよう依頼されました。キャリア ベルーズは、4 歳のときのナバラ王ヘンリーの肖像画をモデルとして使用したと言われており、そのデザインはジュモー トリステとして知られるようになりました。エミール=ルイは1889 年にレジオンドヌール勲章の騎士になります。フランスの時計技師であり、しゃべる機械の製造のパイオニアであるアンリ リオレは、1894年にしゃべる人形であるベベ フォノグラフの開発に協力しました。 パリ郊外のモントルイユの工場では、ガラスの目を備えた精巧な頭部、関節のある手足と関節のある指を備えた複合体(元々は木または子供革)が組み立てられました。ここでは人形用の帽子、手袋、靴、マフ、ストッキング、下着も製造していました。エミール・ルイの妻、エルネスティーヌ・ジュモーは、パストゥレル通りで働いており、ジュモー商会の人形を一般的な言葉にする精巧な衣装を完成させるためのデザインと生地を決定しました。 フランスの人形メーカーは、1890 年代に安価なドイツ製の人形が市場に出回ったため、最終的に廃業に追い込まれました。経済的に生き残るための最後の試みとして、彼らはフランス製造協会(SFBJ)として提携しました。ジュモー社が 1899 年に最終的に事業を終了すると、残りの株式は SFBJ に引き継がれました。これには多数のベベ、頭、胴体、衣装、その他のコンポーネントが含まれていたため、移行期間中に判明した人形がジュモーまたはSFBJのものであると特定するのは非常に困難でした。 【刻印】 ジュモー人形には通常、単純な番号が刻印されていますが、ボディに刻印されている場合もあります。テテ・ジュモーには頭の後ろに「Depose Tete Jumeau」と記されている。ジュモーのモデルには、 Deposes、EJ Bébés、Triste、Portrait Bébé、Poupée de Modes、Bébé Phonographe、Tete Jumeau Bébésが含まれていました。初期のモデルのいくつかは非常に人気があり、ジュモー人形の再生産は産業の繁栄を支えています。 【ジュモー人形の種類】 ・Pierre Jumeau ピエール・ジュモー ・Tete Jumeau テート・ジュモー ・Deposes Jumeau デポゼ・ジュモー ・Premier Jumeau プルミエ・ジュモー ・Emile Jumeau エミール・ジュモー ・Long Face Jumeau ロングフェイス・ジュモー ・Portrait Jumeau ポートレイト・ジュモー

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

買取の流れ

  • STEP1:買取査定のご依頼
    STEP1買取査定のご依頼
    美術品の基本情報がお分かりになりましたら、下記フォームにご記入ください。
    • ご本人様所有以外の作品(ご家族の方・代理人除く)、贋作、盗難品は買取できません。
  • STEP2:査定結果のご連絡
    STEP2査定結果のご連絡
    絵画、骨董品と、各ジャンルごとに専門の鑑定士が査定し、メール・お電話・LINEにて、査定結果をご連絡いたします。なお、査定料は一切かかりません。
    • 作品によっては、査定・鑑定代行にお時間をいただく場合がございます。
    • 所定鑑定機関のある作家に関しては、鑑定を所定鑑定機関に依頼する場合がございます。
    • 最初のお問い合わせより日数が経過している場合、相場が変動している場合がございます。2週間以上経過している場合は、再度お問い合わせください。
  • STEP3:買取方法の選択
    STEP3買取方法の選択

    査定金額にご納得いただき、買取させていただくことになりましたら、店頭買取・宅配買取・出張買取の中から、お好きな買取方法を選択していただきます。

    • 一部、出張買取の対象外となる作品もございます。
    • 買取の際、ご本人確認書類等が必要になります。
  • STEP4:買取金額のお支払い
    STEP4買取金額のお支払い

    店頭買取・出張買取の場合、 現金にてお支払いさせていただきます。

    宅配買取の場合、契約書類のやり取りが完了後のお振込みとなります。
    なお、入金は、当社に作品到着後、作品を確認いたしましてお客様との連絡が取れ次第、お振込みさせていただきます。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

アート買取協会で
買取できる美術品

日本画、洋画、現代アートなどの絵画買取から掛軸、陶磁器などの骨董・古美術の買取まで幅広い美術品ジャンルを取り扱っております。
一覧にない美術品も取扱いがございますので、まずはお気軽にご相談ください。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!