MENU

買取・作品一覧

郭沫若 カク マツジャクの美術品買取情報

郭沫若の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、郭沫若の作品を探しています。
もし郭沫若の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。郭沫若の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

郭沫若

人民共和国建国後の作品には、『蔡文姫』『武則天』などがあり、いずれも北京人民芸術劇院によって上演された。特に『蔡文姫』は焦菊隠の演出が高く評価され、21世紀の今日まで繰り返し上演されている。

毛沢東や江青らの詩を賛美し、批林批孔運動に乗り、著書『李白と杜甫』で杜甫を貶めた。しかし四人組が逮捕されると一転して彼らを批判する詩を発表した。これら文革期の言動が彼全体の評価に影響している。

文学の代表作としては詩『女神』・戯曲『屈原』などがあり、中国古代史学においては西周時代を奴隷制時代とした『中国古代社会研究』など。甲骨研究では羅振玉に次ぐ大きな業績をあげ、日本の中島竦と旧知であり中島が所蔵していた甲骨200片を調べている。

三国志関連では論文「替曹操翻案」を発表した。これは当時悪人扱いだった曹操の評価を改める大議論の契機となった。その際に発表された論文の数々は郭沫若のものを含めて『曹操論集』という書物に編集されている。

(参考出展:wikipedia)

1914年 日本へ留学 九州帝国大学医学部を卒業
1921年 文学団体「創造社」の設立に参加。仲間に郁達夫や成仿吾、張資平、鄭伯奇がいる
1928年 日本へ亡命。千葉県市川市に居を構え、中国史の研究に没頭する
1937年 日中戦争が勃発すると国民政府に参加。重慶で戯曲『屈原』を発表
1950年 全国文学芸術連合会主席
1954年 全人代常務副委員長
1958年 共産党に入党
1963年 中日友好協会名誉会長
1978年 北京で病没。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!