買取・作品一覧

児島虎次郎 コジマ トラジロウの美術品買取情報

児島虎次郎

作家名
児島虎次郎
ジャンル
絵画 洋画

児島虎次郎とは

岡山県川上郡下原村(現在の高梁市成羽町)に児島弥吉 雪の次男として生まれる。生家は「橋本屋」と称して旅館、仕出し業を営んでいた。明治34年(1901年)絵画を学ぶため東京に出る。明治35年(1902年)東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画科選科に入学。倉敷の実業家大原家の奨学生となる。のち、大原家当主となった1歳年上の大原孫三郎とは生涯親交を持ち、経済的援助を受け続けた。明治37年(1904年)異例の早さで卒業。

明治41年(1908年)ヨーロッパに留学。明治42年(1909年)ベルギーのゲント美術アカデミーに入学。明治45年(1912年)には同校を首席で卒業し、大正元年となった同年11月に帰国。大正2年(1913年)石井十次の長女・友子と結婚。その後、絵画制作の傍ら中国・朝鮮を旅行。また、孫三郎の依頼を受け絵画買い付けのため数度ヨーロッパに渡りモネ、エル・グレコ、ゴーギャン、ロダンなどの作品を購入した。この収集品が後の大原美術館建設の礎となった。

なお、倉敷アイビースクエア内に、彼を顕彰し大原美術館別館として「児島虎次郎記念館」が開設されている。大正13年(1924年)明治神宮奉賛会より明治天皇を讃える壁画の作成を依頼された。しかし病に倒れ、この作品を完成することなく昭和4年(1929年)死去した。享年47。 なお、この壁画は友人の吉田苞により昭和9年(1934年)に完成し、明治神宮聖徳記念絵画館に所蔵されている。

児島虎次郎の主要作品

『里の水車』(1906年、大原美術館・蔵)
『登校』(1906年、高梁市成羽美術館・蔵)
『なさけの庭』(1907年、宮内庁三の丸尚蔵館・蔵)
『酒津の庭(水連)』(1924年-1928年頃、静岡県立美術館・蔵)
『対露宣戦布告御前会議』(未完、死後の1934年吉田苞により完成、)

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

児島虎次郎の買取作品例

買取の流れ

  • STEP1:買取査定のご依頼
    STEP1買取査定のご依頼
    美術品の基本情報がお分かりになりましたら、下記フォームにご記入ください。
    • ご本人様所有以外の作品(ご家族の方・代理人除く)、贋作、盗難品は買取できません。
  • STEP2:査定結果のご連絡
    STEP2査定結果のご連絡
    絵画、骨董品と、各ジャンルごとに専門の鑑定士が査定し、メール・お電話・LINEにて、査定結果をご連絡いたします。なお、査定料は一切かかりません。
    • 作品によっては、査定・鑑定代行にお時間をいただく場合がございます。
    • 所定鑑定機関のある作家に関しては、鑑定を所定鑑定機関に依頼する場合がございます。
    • 最初のお問い合わせより日数が経過している場合、相場が変動している場合がございます。2週間以上経過している場合は、再度お問い合わせください。
  • STEP3:買取方法の選択
    STEP3買取方法の選択

    査定金額にご納得いただき、買取させていただくことになりましたら、店頭買取・宅配買取・出張買取の中から、お好きな買取方法を選択していただきます。

    • 一部、出張買取の対象外となる作品もございます。
    • 買取の際、ご本人確認書類等が必要になります。
  • STEP4:買取金額のお支払い
    STEP4買取金額のお支払い

    店頭買取・出張買取の場合、 現金にてお支払いさせていただきます。

    宅配買取の場合、契約書類のやり取りが完了後のお振込みとなります。
    なお、入金は、当社に作品到着後、作品を確認いたしましてお客様との連絡が取れ次第、お振込みさせていただきます。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

児島虎次郎の鑑定機関・鑑定人

児島塊太郎

児島虎次郎の鑑定人

児島虎次郎に関する美術館情報

アート買取協会で
買取できる美術品

日本画、洋画、現代アートなどの絵画買取から掛軸、陶磁器などの骨董・古美術の買取まで幅広い美術品ジャンルを取り扱っております。
一覧にない美術品も取扱いがございますので、まずはお気軽にご相談ください。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!