MENU

買取・作品一覧

黒田清輝 クロダ セイキ

黒田清輝の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、黒田清輝の作品を探しています。
もし黒田清輝の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。黒田清輝の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

黒田清輝

日本の洋画家、政治家。位階は従三位。勲等は勲二等。爵位は子爵。通称は新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名では「きよてる」と読むが、画名では「せいき」と読む。東京美術学校教授、帝国美術院院長(第2代)、貴族院議員などを歴任した。

・アトリエ(1890年、鹿児島市立美術館)
・読書(1892年、東京国立博物館)
・舞妓(1893年、東京国立博物館、重要文化財)
・朝妝(ちょうしょう)(1895年、焼失)
・湖畔(1897年、黒田記念館、重要文化財)
・夕陽(1898年、豊橋市美術博物館)
・智・感・情(1899年、黒田記念館、重要文化財)
・花野(1907年 – 1915年、黒田記念館)
・桜島爆発図(1914年、鹿児島市立美術館) – 桜島の爆発を描いた。
・梅林(1924年、黒田記念館) – 絶筆。

(参考出展:wikipedia)

1866 鹿児島県に生まれる
1884 法律を学ぶためにパリに留学
1887 法律大学校に入学したが、画家志望に転じて退学。ラファエル・コランに師事
1893 久米桂一郎とともに画塾・天真道場を設立
1896 白馬会を結成 東京美術学校に新設された西洋画科に指導者として推される
1910 画家として初の帝室技芸員に任命される
1919 帝国美術院会員となる。その後、森鴎外の後任として第2代院長を務める
1920 貴族院議員に就任
1924 東京にて歿

黒田清輝の鑑定機関・鑑定人

日本洋画商協同組合鑑定登録委員会、東美鑑定評価機構

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!