MENU

買取・作品一覧

マイセン meissen

マイセンの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、マイセンの作品を高く評価し、買取しております。
もしマイセンの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。マイセンの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 マイセン

マイセン
1700 年頃のヨーロッパでは、中国の磁器や⽇本の伊万⾥などが王侯貴族の間で盛んにもてはやされていた。そんな中、熱⼼な収集家であったドイツのザクセン選帝侯であるアウグスト2 世の命を受け、ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーが⽩磁製法を解明。1710 年に、ヨーロッパ初の硬質磁器窯「マイセン」が誕⽣した。 初期のマイセンは、中国の五彩磁器や⽇本の伊万⾥焼を模倣した東洋的なデザインの作品が多いが、すぐにヨーロッパ的なロココ調の作品が主流となった。また、1733 年にアウグスト2 世が亡くなったことをきっかけに、⾃由な制作体制のもと、愛らしい「マイセン⼈形」も誕⽣した。第⼆次世界⼤戦後はロシアの管理下に置かれるが、1950 年にドイツへ返還され、国による運営がなされる。 ⼀時は、ウェッジウッドなどほかの窯に押されるが、19 世紀初頭には⼈気が復活する。また、マイセン5 ⼈組の⼀⼈ハインツ・ヴェルナーにより、マイセンを代表する陶板画の「アラビアンナイト」シリーズが制作された。ヴェルナーは、1960 年に発⾜した「芸術の発展を⽬指すグループ」のリーダーでもある。

1709年 ベトガーがヨーロッパで最初の硬質磁器焼成に成功
1710年 王⽴ザクセン磁器⼯場を設⽴
1717年 染付磁器の焼成に成功
1722年 窯印に双剣を採⽤
1733年 アウグスト2 世が崩御
1865年 トリービッシュタールに⼯場が移転
1875年 窯印が商標登録される
1950年 ⼯場がロシアからドイツに返還され「国⽴マイセン磁器製作所」となる
1960年 「芸術の発展を⽬指すグループ」発⾜
1975年 国家功労賞を受賞

マイセンのニーズと作品価値

⾼級磁器の名窯「マイセン」は、中国の磁器や⽇本の伊万⾥を研究し、1710 年、ドイツのマイセン地⽅に誕⽣しました。以来、300 年以上の歴史を持ち、初期は東洋的なデザインの影響もありましたが、1720年頃からは、ロココ調のデザインが主流になります。

剣を交差させた窯印は、時代によって異なるものが採⽤されており、評価を分けるポイントになっています。窯印のない初期のものは⾮常に希少です。「アラビアンナイト」や「真夏の夜の夢」シリーズの⾷器やティーセットは、特に⾼額買取の対象となっています

マイセンの代表作

※買取価格は当社のこれまでの買取実績、および、相場価格を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

マイセンの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!