MENU

買取・作品一覧

大沢昌助 オオサワ ショウスケ

大沢昌助の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、大沢昌助の作品を探しています。
もし大沢昌助の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。大沢昌助の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

大沢昌助

1903年 東京三田綱町に大沢三之助、みよ子の三人兄弟の二男として生まれる
1923年 東京美術学校 西洋画科に入学。三年次に藤島武二教室に入る
1928年 東京美術学校西洋画科を首席で卒業
1932年 国立音楽学校の一期生でピアニストの北村季美子と結婚
1933年 大沢昌助油絵個展(日動画廊)開催、福沢一郎から励ましをうける
1939年 この年から児童雑誌『コドモノクニ』に童画を掲載
1942年 二科賞受賞
1943年 二科会会員に推挙される
1945年 強制疎開を受け、福沢方に転居。8月、父、三之助死去。この年、二科会再建に会員として参加する
1946年 武井武雄、初山滋らによる日本童画会の創立に参加
1954年 多摩美術大学教授となる(1969年まで)
1961年 兜屋画廊で戦後初個展
1965年 第4回国際形象展で愛知県美術館賞を受賞。多摩美術大学正面玄関にモザイク壁画を制作
1973年 大沢昌助・村井正誠・山口長男展(夢土画廊)
1975年 麻生三郎・大沢昌助・柳原義達・山口長男展(ギャラリーセゾン)
1978年 大沢昌助・堀文子・建畠覚造展(神奈川県民ギャラリー)開催
1981年 大沢昌助の世界展(池田二十世紀美術館)開催
1982年 二科会を退会
1984年 大沢昌助個展(銀座アートセンターホール)開催、「隠喩(赤)」「隠喩(青)」
1991年 大沢昌助展(銀座、和光ホール)開催。9月、変身と変貌 大沢昌助展(練馬区立美術館)開催
1995年 第4回中村彝賞受賞
1997年 5月15日午前9時、急性心筋梗塞のため自宅で死去。享年93

大沢昌助の鑑定機関・鑑定人

大沢昌助鑑定登録会

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!