MENU

買取・作品一覧

ラウル・デュフィ Raoul Dufy

ラウル・デュフィの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、ラウル・デュフィの作品を高く評価し、買取しております。
もしラウル・デュフィの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。ラウル・デュフィの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

ラウル・デュフィ

19世紀末から20世紀前半のフランスの画家。「色彩の魔術師」20世紀のフランスのパリを代表するフランス近代絵画家。

・サンタドレスの浜辺(1906 年)(愛知県美術館)
・海の女神(1936年)(伊丹市立美術館)
・電気の精(1937年)(パリ市立近代美術館)長さ60メートル、高さ10メートルの大作
・三十年、或いは薔薇色の人生(パリ市立近代美術館)

1877 北フランス、ノルマンディーのル・アーヴルに生まれる
1895 ル・アーヴル市立美術学校の夜間講座へ通い始める
1898~1899 兵役 戦争から戻り病身でヴォージュ地方のヴァル・ダジョルに滞在
1903 アンデパンダン展に出品
1907 34歳の時に結婚。生活の為、木版画の制作を始める
1914 第一次世界大戦が起こり陸軍郵便事業に従事
1943~1944 第二次大戦中はスペイン国境に近い村に逃れて友人と共に暮らす
1952 ヴェネツィア・ビエンナーレの国際大賞を受賞
1953 心臓発作のためフォルカルキエにて死去

ラウル・デュフィの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!