MENU

買取・作品一覧

横山大観 ヨコヤマ タイカン

横山大観の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、横山大観の作品を高く評価し、買取しております。
もし横山大観の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。横山大観の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 横山大観

⽇本の豊かな⾃然を愛し、そこに暮らす⼈々を描いてきた横⼭⼤観。⼤観は、円⼭四条(まるやましじょう)派に狩野(かのう)派の様式を取り⼊れた先進的な画⾵を研究しており、「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる線描を控えめにした没線描法で多くの作品を⼿掛けた。

しかし当時は、「勢いに⽋けた、曖昧でぼんやりとした画⾵」と批判を浴び、⼤観は⽇本国内での活動を中⽌。新たなるフィールドとして欧⽶を選び、ニューヨークやボストン、ロンドン、ベルリン、パリなどで積極的に展覧会を開催し、多くの都市で⾼い評価を得た。

欧⽶における⾼い評価をきっかけに国内でも⼤観の画⾵が評価され、1940 年には⽂化勲章を受章。⽂部省美術展覧会の審査員を務めるようにもなった。また、活動が途絶えていた⽇本美術院の再興にも貢献し、⽇本画壇の重鎮として地位を確⽴した。代表作は重要⽂化財となっている「蕭湘⼋景」や「⽣々流転」のほか、「無我」などがある。

1868年 ⽔⼾に⽣まれる
1885年 東京英語学校に⼊学。洋画家の渡辺⽂三郎から鉛筆画を学ぶ
1889年 東京美術学校(現在の東京藝術⼤学)の第⼀期⽣として⼊学
1898年 岡倉天⼼の指導を受け、⽇本美術院創⽴に携わる
1914年 ⼤正博覧会鑑査委員に就任。⽇本美術院を再興する
1940年 ⽂化勲章を受章
1958年 逝去。勲⼀等旭⽇⼤綬章を受章

横山大観のニーズと作品価値

明治から昭和を代表する⽇本画家として知られる横⼭⼤観は、第1 回⽂化勲章受章者でもあります。岡倉天⼼らと⽇本美術院を創設し、⽇本画壇の巨匠ともいえる存在です。⼤観が確⽴させたのは、「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる線描を控えめに使った独創的な没線描法です。

代表作は「無我」や「瀟湘⼋景」「⽣々流転」など。明治・⼤正・昭和にわたって、常に⽇本画壇の第⼀⼈者であり続けた⼤観は、画壇だけでなく社会的にも⼤きな影響⼒を持っていました。作品の中では、特に富⼠や海をモチーフとして描かれた作品の⼈気が⾼く、⾼価買取の対象となっています。

横山大観の代表作

横山大観の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!