MENU

美術品一覧

掛軸 買取

掛軸買取について

アート買取協会では、絵画や陶磁器などのほか、骨董品の中でも代表的な「掛け軸」の買取りも強化しています。作家や時代によってモチーフや日本画の種類、大きさなどもさまざまな掛け軸。娯楽観賞用の物から茶道具としての物まで、高級品も数多く存在します。そのため、「なんとなく高そう」という印象はあっても、実際に高いのか安いのか判断がつきにくいでしょう。もし、遺品整理などで掛け軸が出てきた場合に注意したいこととしては、「共箱」といわれる保管用の収納ケースを捨てないことです。この共箱があるかないかで、価値の差が変わる場合もあります。また、汚れているからといって、査定前に水拭きするのも厳禁です。もちろん、ほこりなどを落とすことは必要ですが、水拭きで文字がにじんでしまうケースもあります。アート買取協会では、女性の目線で描かれた美人画で知られる女性画家の上村松園、近代日本の美人画や風俗画家として活躍した鏑木清方、明治期から昭和期にかけて日本の美しい四季を描いた川合玉堂などの掛け軸のほか、日本画壇の重鎮として知られる横山大観の作品も数多く買取実績があります。ほかにも、小野竹喬、小林古径、前田青邨、竹内栖鳳、淡々斎、鵬雲斎、即中斎、而妙斎などの作品の買取りも強化中です。

掛け軸は作られた時代も幅広く、観賞用以外にも用途はさまざまのため、専門家による適切な鑑定が必要です。アート買取協会は、絵画や骨董品の専門買取店として15年以上の実績があります。知識・経験ともに豊富なプロのスタッフがしっかりと査定を⾏い、価値や相場をご案内します。売却や鑑定依頼を検討中の掛け軸がありましたら、ぜひご連絡ください。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!